スキンリファインクリニック広尾ブログ

我々が 『ボトックスビスタ』 を低価格で提供する理由

2014/12/22

LINEで送る

スキンリファインクリニック広尾 院長の橋本です。

 

我々は、 皆様にとって、『安心して通えるクリニック』 となることを最大の目標としています。 以前にもブログでお伝えしましたが、それが美容皮膚科クリニックにとって最も大切なことだと考えているからです。

 

安心・安全な美容医療があるということを多くの方に、知って頂く活動も継続しています。

 

 

私どものクリニックは、『安心して通ってもらう』 『継続して通っていただく』 為には、すべての治療メニューの低価格化への努力は常に行っております。 ボトックスビスタ治療はそのなかでも相場よりかなり料金を下げさせていただいております。

今回は 『ボトックスビスタをなぜ低価格で提供しているのか』 という点についてお話しします。

 

 

ボトックス というお薬の名前を聞いたことをある方も多いと思いますし、治療経験のある方もかなり多いと思います。 それ程、美容医療の中では 「入門編」 という位置づけさえある感 のある治療です。

 

しかし、その効果は強力ですので、適切な使い方をしなければ不具合がでてしまいます。

 

ボトックスを表面から注射した部位の筋肉は一定期間動かなくなります。 この性質を美容医療に応用したというのがこの治療ですが、 「不必要な動きだけを上手に止める」 ということがとても大切です。

 

「あたりまえじゃないの??」 とお思いになるかたもいらっしゃるかと思いますが、実はこれがうまくなされていないケースもよく経験します。

 

例えば、顔の表情シワ (目尻や眉間など)をボトックスで治療しようとした場合、治療前のその人の癖や動き方を丹念に観察して、本当にその人にとって不必要な動きかどうかをしっかりと吟味してから ボトックス注射を行うことが重要です。

 

「ボトックス治療の予約をしてクリニックにいったら、そのまま処置室に通されて横にされ、入ってきたドクターにボトックスを打たれた。」

こんなことは実は大手クリニックではよくある風景です。

 

ボトックスの治療を新人のドクターに教える場合、「眉間の場合はこことここに打ちなさい」 「目尻の場合はこことここにうちなさい」というように教えられます。

 

ボトックスを販売している会社からも、取り扱い説明書のように打つ位置が図示してあるパンフレットを渡されますので、新人医師は 「絶対にその位置からずれないようにしなくては!」 と緊張した状態で注射をするわけです。

 

これが意味するものはなんでしょうか。

 

このような打ち方は 「決まりきった自分のボトックスの打ち方をすべてのお客様に提供する」 ことであって、 「お客様の不必要な動きのみを止める」 というボトックスの本来やるべき治療法とは大きくかけ離れています。

 

ろくにカウンセリングもせず、さまざまな動きを確認せずにボトックスを注射するなどは、ありえないことだと私は思います。

 

教科書通りに毎回注射しているドクターは、必ず、定期的に 「変な顔になった」 というクレームを受けます。

 

人それぞれ、顔の筋肉の使い方は全く異なります。 すべての人に同じ打ち方をしていては、必ずその人にとって止めない方がいい動きを止めてしまうケースが出現するためです。

 

例えば、顔の中には いい表情を作るのに重要な部分、若々しさを保つために筋肉の緊張を絶対に緩めてはいけない部分 というものがあります。 これらを止めてしまえば、逆に変になって当然なのです。

 

これは経験を積むしか解決策はありませんが、経験を積んでいるドクターでも、毎回同じ打ち方をただしているだけの人も実は多いです。

 

このように、「入門編」 とさえいわれるほど、メジャーな治療にもかかわらず、実は奥が深い治療です。 入門部分で「変になってしまった」ということで、「美容医療はもう嫌だ」 となってしまっている人も多いですが、とてももったいない事だと私は思います。

 

美容医療は素晴らしいものであり、正しい知識を持って、正確な処置を行えば素晴らしい結果がでて、安心して続けることができるものです。

「美容医療に拒絶反応」 を感じるようになってしまった人たちに、美容医療の素晴らしさを再認識していただくチャンスをもう一度作らせていただきたい。そんな思いで我々はボトックスビスタ治療を採算度外視の価格で提供し続けています。

 

都内の高値では、眉間のような顔の1カ所を5~7万円程とるクリニックも多い中、破格の1カ所1万円という価格を維持し続けています。

 

ボツリヌストキシン治療は、 韓国製やイギリス製、中国製などの製品が流通しており、中には非常に安価なものもあります。

 

当院では、「ボトックスビスタ(アラガン社製)」 のみを使用しておりますが、これは唯一、日本の厚生労働省が認可している薬剤です。 安全性と効果に厚労省のお墨付きのあるただ一つの製剤だということです。 そのため、原価は非常に高価です。

 

我々のボトックスビスタの治療価格からして、 「きっと違うものを使っているはずだ」 や 「だいぶ薄い濃度で薄めているのではないか」 というように疑う方もいらっしゃるようです。

 

しかし、我々は決して治療の質を落とすような妥協は一切しません。 薄めるメリットや、認可外の薬剤を使うメリットは全くありません。

 

ただ、 「美容医療の素晴らしさ」 を味わえずに、食わず嫌い状態になってしまった方々に戻ってきていただきたい。 そんな気持ちからこのメニューを提供し続けています。

 

 

ドクター直通のメール相談もぜひご利用ください

skinrefine.ht@gmail.com

 

 

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595