スキンリファインクリニック広尾ブログ

私が考える 『理想の美容皮膚科』 とは

2015/03/10

LINEで送る

 

こんにちは
スキンリファインクリニック広尾 院長の橋本です。

 

「美容皮膚科ってどんなことをするんですか?」 
「美容外科とどう違うんですか?」

このような質問をよくプライベートでも頂きます。 医師の友人からもよく聞かれる質問ですので、一般の方からすれば、よくわからない部分も多くて当然ではないでしょうか。

私はこんな風にお答えしています。

『美容整形 (美容外科) は顔の形を変えたい人が行くところ。』

『美容皮膚科は、皮膚をキレイに若返らせたい人が行くところ。』

美容外科は、「鼻の形を変えたい」 「一重まぶたを二重にしたい」 「唇を薄くしたい」
「鼻を高くしたい」 「小鼻を小さくしたい」 「顎を出したい」など、基本的に今の自分の人相を変えたい。違う自分になりたいというご希望をかなえる技術です。

私は美容外科専門医でもありますので、このようなご希望にも全力でお答えしますが、全体からみると、このようなご希望をされる方は少数派です。

一方、私が日常の美容皮膚科の仕事で意識している治療のゴールは 「その人がご自身で思う最も綺麗だった状態」 であって、決して別人の顔ではありません。

10歳のころの肌がベストな状態であったのであれば、10歳のころの肌が治療の目指すゴールです。

 

o0216013213236882261

20歳のころの顔の状態がベストであれば、その状態が治療の目指すゴールです。

例えば40歳になると、20歳の時とは様々な要素が加齢変化を起こして変化します。 皮膚はたるみが出てきますし、小じわも増えます。 シミも増えてきますし、くすみも出てきます。

お顔の脂肪のボリュームは減って目の下にクマができやすくなったり、ホホがやつれた印象になることもあります。

今の美容皮膚科技術はとても進化していますし、マシンの進化もすさまじいものがあります。加齢変化で起こった変化を 「時間を巻き戻し」 することも可能になっています。

足りなくった皮膚のハリを取り戻す。 足りなくなったボリュームを取り戻す。 シミの増えた肌からシミをなくす。

これらは、すべて全く違和感なく綺麗になる方法です。 基本的には自分の顔の形を変えているのではなく、「時間を逆戻し」 しているだけですから。

私は特に 「ご自身のお顔の印象を変えない」 という点は美容皮膚科では重要視しています。

何かすごく良くなって綺麗になったけど、どこをどう変わったというわけではない。 これが理想ですね。

 

あまりに 「食わず嫌い」 の方が多く、敷居が高い印象の 美容皮膚科。

ぜひ一度、ご自身のお肌で実感してみてください。
もっともっと美容皮膚科が身近なものになるように、願っています。

「何かあの人、最近綺麗になったわね。。。」

それは 「恋をした」 のではなく、 かかりつけの美容皮膚科が見つかっただけかもしれません。

 

スキンリファインクリニック広尾  
http://skinrefine.jp

ドクター直通無料メール相談はこちら
skinrefine.ht@gmail.com

ご予約フリーダイヤル 
0120-440-138 

 

 

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595