スキンリファインクリニック広尾ブログ

新型フォトフェイシャル(M22)はシミ治療の最終兵器

2016/01/06

LINEで送る

 

こんにちは

スキンリファインクリニック広尾、院長の橋本です。

 

IMG_2536

 

シミやくすみの治療は非常に奥が深いものがあります。

 

単純に「シミ」と一言で言っても、様々な種類のシミがあります。 そのシミの種類によっても治療法は大きく異なりますし、肌質によっても最適な治療法は変わってきます。

シミ治療のマシンも性能がどんどんと進化し、スマートフォンや数々の電化製品のように「高機能化・多機能化」が進んでいます。

 

「最新のスマートフォンや電化製品を購入したが、その性能を十分に使いこなしている気はしない」  

 

そう実感している方も多いのではないでしょうか。

 

シミ治療のスタンダードとなった光治療(フォトフェイシャル)の最新機種 『M22』 もその典型例です。

M22本体

 

各種メディアでも大きく取り上げられている機種です。 

 

このマシンも驚くほど多機能化が進んでいます。

シミの状態や種類、肌質に合わせた最適な光や照射方法を的確に選択することで、驚くほどシミ治療の効率があがります。

 

M22 はマシンの名前を指定してご予約いただくことが多い機種です。 もちろん素晴らしいマシンがクリニックに設置してあるかどうかも重要ですが、それ以上にその素晴らしく進化した性能を十分に発揮する照射技術があるかどうか、そのほうがはるかに重要だと思います。

 

素晴らしく進化したマシンの性能を十分に引き出されないまま、マシンを稼働しているクリニックは残念ながら多く存在します。

「最新機種」という広告のみでクリニック選びをしてしまう危険性はそこにあります。最新機種ということで治療費は上がりますが、期待した効果を得られないということになります。

 

 

これはM22に限らず、最近のたるみ治療のマシンや他のレーザーに関しても言えることです。

 

マシンによってはスタッフをトレーニングして専門の技師を作り上げたほうが、治療の質を保てるものもありますが、医師が扱わない限りマシンの性能を最大限に引き出せないマシンもあります。

 

M22というマシンは確実にその後者です。

 

スキンリファインクリニック広尾ではM22の照射は全例、院長の私がその時のシミの状態や肌質に合わせて照射を行っております。照射後の大切な予定の有無などのスケジュールによっても照射方法を変える必要があります。

反応も見ながら常に光の種類や強さ、ショット数を微調整し続けるため、スタッフ任せにすることが困難なためです。

 

当院のM22は顔全体で¥20,000(税別)でございます。

 

シミ治療はその時の肌の状態に合わせて治療を行います。そのため、コース料金の設定をあえてしておりません。わざわざコースを組んでいただかなくても、他のクリニックでコースを組んだ際によりもお安い金額になるように設定しております。これが相場よりも治療費を安くしている理由です。

 

「今回はM22よりも違う治療のほうが良いかな」 という場合でも、コースを組んでしまったばかりにM22を 「コース消化」 として当てなければならない。 こんなナンセンスなことはあってはならないと思いますが、残念ながらこの業界では良くあることです。

 

経営サイドの理由から生まれるコース設定が、治療の質を下げてしまうよい例です。

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595