スキンリファインクリニック吉祥寺ブログ

あせも?にきび?夏に多い肌トラブルの意外な対処法

2014/08/01

LINEで送る

もう8月です。早いものです。夏と言えば、海、山、バーベキュー、旅行などなどレジャーが大変楽しい季節です。そうなると、どうしても屋外にいる時間が増えてしまいますね。対策はばっちりしていたはずなんだけど、うっかり日焼けしてしまった・・・。という、うっかり日焼け等の肌トラブルのご相談も多いです。

そんな方へ朗報です。おすすめ応急処置【水素パック】を現在キャンペーン中です、詳細はこちらをご覧ください。⇒http://skinrefine.jp/blog/20140627151108/
『まずい、ちょっと赤くなって火照ってる感じ・・・』その瞬間、即座の行動が効果的ですよ。この機会に是非ご利用ください。

さて、夏になると汗をかきますね、そうすると【汗】に纏わる肌トラブルが増えてきます。あせもやにきび等、赤くなったり、ぼつぼつしたり、痒かったり嫌なものです。それらの気になる症状が出ると、どうやら【汗をかいた事】が原因だろう、と、シャワーや洗顔を入念に行う方が増えます。それなのに、良く洗っているはずなのに治らない、むしろ症状は悪化する。そんな方が凄く増えています。実は夏に限りませんが、スキンケアの意外な盲点、あまり知られていない美肌ケア、エイジレスなスキンケア方法をご紹介いたします。

世の中には大変魅力的な化粧品、洗顔料が溢れています。メーカーも美白や美肌、それらの機能を高めるため、一切の努力をおしまず、新製品が次々発売されます。栄養が不足しているお肌にとっては、効果てき面な栄養補給となるケースも勿論あると思いますが、肌の状態によっては過剰な栄養補給、逆に肌をダメにする可能性もあるのです。

可愛い子には旅をなんとか、と言うように、甘やかさないで、むしろスパルタ的に育てた方が強く逞しく育つモノがある、という真実、節理は誰しもがご存知のことと思います。実はこういった考え方はスキンケアにおいても大いに役立つ面があるのです。

肌は本来、化粧水など外から水分や栄養を補給しなくとも、肌を健康に保つ自己防衛力を持っています。まさしく自給自足の生活と申しましょうか【天然の保湿因子】というものを皮膚は製造・分泌しており、これが肌のバリアを形成し皮膚の健康を維持しています。

この天然の保湿因子を洗顔などで取り除いてしまうと肌のバリア機能は低下し、皮膚表面は乾燥します。このような干からびた状況になると、アレルギー物質や病原菌に肌がやられてしまい、肌荒れなどを生じるようになるのです。肌のケアに関して完全に無頓着な新橋あたりのサラリーマンの方々が脂ぎっていても、全く肌にトラブルが無いのに比べ、いつもお化粧や洗顔など肌のケアに余念がないはずの女性にお肌のトラブルが多いのは、この様な洗い過ぎによる影響が少なくありません。天然の保湿因子をなるべく取り過ぎないように、洗いすぎないようにすることが、肌を健康に美しく保つために重要なんですね。そして、もう一点重要な要素があります。それは【菌】です。バイキンマンのばい菌です。

人でも動物でも、お母さんのお腹の中、胎児の頃は一般に無菌で過ごしています。しかし、生まれるとすぐに、外界に、外気に触れ、消化管や皮膚、粘膜などに細菌が住みつくようになります。鼻の中、口の中、腸や皮膚など外界に接する部分には健康な時でもいつも多数の細菌が生息しています。これらはいつも存在しており、通常の時は特に身体に取って害を加えません。これらの無害な菌を【常在菌】と呼び、その集団を常在菌叢(じょうざいきんそう)、正常菌叢と呼んでいます。

こういった常在菌というのはただ、そこに居座っているだけではありません。腸に住んでいる大腸菌などの細菌は、食べ物の消化や吸収を助ける、食物の分解の手助けをしてくれている役割もあり、抗生物質の服用などで大腸菌が減ってしまうと消化不良を起こし下痢をしたりすることもあるわけです。また、これらの常在菌は言ってみれば通常の時は【善玉菌】として、病気を引き起こす【悪玉菌】の繁殖を防いでいるというお巡りさん、警備員の様な役割もあるのです。

この様な共生、共存関係は皮膚でも同じことが言えます。黄色ブドウ球菌などの常在菌は皮膚にとって、病気を引き起こす【悪玉菌】の繁殖を防いでいます。つまり、洗顔をし過ぎてしまうと、天然の保湿因子という皮膚自身が作り出すバリア・コーティングのみならず、常在菌叢という警備員も取り除いてしまう恐れがあるのです。元々健康な皮膚が保有するはずのこれらの防御策がなくなってしまうことで、乾燥、肌荒れ、ニキビなどの悪化を招いてしまうのですね。ですから、肌が荒れている、弱っているときこそ、洗って清潔にしようというのではなく、天然の保湿因子の回復、常在菌叢の回復を心がけ、洗い過ぎないことも大事なのです。

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595