メールで予約

【ボトックス・ヒアルロン酸】Dr.Wuクリニック訪問

藤林万里子

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック吉祥寺 院長
藤林万里子(ふじばやし まりこ)

こんにちは。スキンリファインクリニック藤林です。

先日アラガンジャパン社さんの計らいでシンガポールからワッフルズ・ウー先生(Woffles Wu,MD)がスキンリファインクリニック銀座院にお越し下さいました。この貴重な機会に私も吉祥寺から駆けつけました!

Wu先生はボトックス、ヒアルロン酸をはじめとした手術をしない若返り治療Non Surgical Facial Rejuvenation(NSFR)のコンセプトを広めた世界的に有名な形成外科医の1人です。Woffles Wu Aesthetic Surgery & Laser Centreの院長をする傍ら、世界中で講演、デモを行い先生の技術を広める活動をしていらっしゃいます。

http://woffleswu.com

IMG_0135

マイクロボトックス、ヒアルロン酸の理論や手技を実際の注入デモを交えて手ほどきを受けました。Vista Shape/Vista Eyeの注入ポイントであるMD Codeを更に進化させたようなWu先生の注入方法は、本当に顔を“生き生きと”、“若々しく”みせる効果が高く、まさに“光と陰”を創造していくようで、Wu先生の芸術的センスを感じました。それもそのはず、Wu先生の御祖父様は画家でご自身も絵画や彫刻をされるとのことで大変納得です。

今回もう一つの驚きは、マイクロボトックスをケロイド治療に応用すると劇的な改善効果がみられるということです。日本では一般的に肥厚性瘢痕/ケロイド治療では手術の他保存的な治療として、トリアムシノロンアセトニド(ケナコルト®)というステロイドを注入する事が多いのですが、ボトックスと組み合わせる事でより早く、効果的に治療でき、手術後早めに治療を始める事で予防もできるというのも画期的でした。肥厚性瘢痕/ケロイドで悩まれる方は大変多いので今後期待の治療です。

まさに美容医療の先導師のようなWu先生。細かいこだわりまで惜しげもなく教えて頂き、私も日頃感じている事を同じように感じるのだなと共感できたりと大変勉強になりました。お越し頂いたWu先生、貴重な機会を頂いたアラガンジャパン社の皆様ありがとうございました。

 

Infomation

スキンリファインクリニック吉祥寺

藤林医師がいる
スキンリファインクリニック吉祥寺

  • 吉祥寺院の施術の様子や
    最新情報はSNSをチェック

関連のブログ記事一覧

ヒアルロン酸についてもっと詳しく

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:火・金
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F