お電話で予約

メールで予約

手軽にすっきりシャープに、切らない小顔・顔痩せ治療

誰もが憧れる女優さんのような小顔。ダイエットをしても顔だけが痩せない、フェイスラインに脂肪がつきやすい、エラの筋肉が発達して顔が大きく見える等原因は様々です。
当院ではお一人お一人の状態に合わせて、効果が実感でき、手軽にお受けいただける最新の注射やレーザー治療を取り揃えております。

1,メスを使わない小顔治療

小顔に憧れる方はたくさんいらっしゃいます。骨を削ったり、骨格を変えたりすることはリスクが高く簡単には出来ませんが、もっと手軽に解決ができることをご存知でしょうか?

顔が大きく見えてしまう原因として筋肉(エラ)の発達、皮下脂肪、タルミ、骨格等いくつかの原因があります。大切なのは顔を大きくしている原因は何かを、医師との診察で見極めることです。

原因が筋肉であればエラボトックス、脂肪であれば脂肪溶解注射、タルミであれば高周波やハイフによる治療等が適しています。

小顔になるには骨を削るしかないと思っている方も多いのですが、そんなことはありません。エラが張っているのは骨格のせいだけではなく、必要以上に筋肉が発達していることも良くあります。
また丸顔や下膨れなど、ダイエットしても顔だけ痩せないという方は、代謝が悪く浮腫みやすかったり脂肪がついていたりすることもあります。輪郭を変える手段はいくつもあるのです。

従来は、小顔にするには脂肪吸引や切開する必要がある治療など大掛かりな手術が全般でしたが、現代は小顔注射をはじめお手軽に受けていただける小顔治療が増えました。

また「小顔」といっても、物理的に顔の大きさ、容積を小さくすることだけに目を向けるのではなく「顔が大きく見えてしまっている」原因を改善し、「顔を小さく見せる」という、実際に体積を減らさなくともバランスを変えることで、小顔効果を出す治療のご提案も行っております。
たとえば、筋肉の発達によりエラが張っている場合は、エラ削りなどの大掛かりな手術をしなくても、ボトックスビスタ注射でエラの張りを改善することで、小顔に見せることができます。

手術をしないためダウンタイムが少ない

小顔治療というと、メスで皮膚を切ってたるみを直接引き上げるフェイスリフト手術など、大掛かりなものをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。確かにこのような外科的な治療は効果が高いものが多いですが、ダウンタイムが長く、患者さまの負担がとても大きいものです。仕事を持っている方では通常受けることは困難です。

当院ではダウンタイムが短く、メスを使用しない治療を多数ご用意しております。痛みを感じ得る治療では、少しでも痛みを減らすよう最大限の麻酔や処置を併用しておりますのでご安心下さい。

2,表情筋の発達が原因の場合にはボツリヌストキシン注入

エラが張る原因のひとつが咬筋の異常な発達

エラが張っている状態は、骨格が原因の方もいますが、骨が突出しているのではなく咬む時に使われる筋肉、咬筋が発達してエラが張っているように見える人もいます。

食べ物のそしゃくなどで発達してしまったエラには、咬筋とよばれる筋肉があります。この咬筋は食べ物を咀嚼(そしゃく)するのに使う筋肉で、硬いものを好んでよく召し上がる方、食いしばりや歯ぎしりのある方などに発達しやすい筋肉です。

例えば筋トレで腕の筋肉が盛り上がるように、”咬む”ことでこの”咬筋”が鍛えられ、骨の輪郭を大きく超えて腫脹し、フェイスラインをベース型にさせてしまうのです。

エラ張りに効果的な治療

この「咬筋」の動きを抑えることで、筋肉を萎縮(しぼませる)させることで、フェイスラインをすっきりとさせ、小顔効果をもたらすことができます。

咬筋の働きを抑えるにはボツリヌストキシン注入

咬筋の過剰な肥大によってエラ部分が張っている方は、その部分にボトックス注射することでエラを細く、輪郭をシャープに見せることが出来ます。エラボトックスを行うことによって、筋肉の収縮を緩めると、筋肉が動かないことによって少しずつ筋肉自体が委縮していくため、細くなり、エラの張りが次第に目立たなくなっていきます。これは廃用性萎縮と呼ばれるもので、使わない筋肉が徐々に衰退して痩せていく現象をいいます。

例えばスポーツや筋トレなどで筋肉が発達していた人でも、トレーニングをやめてしまえば、鍛えていた筋肉が減ってしまうというものと同じです。少しの筋肉の減少であれば、トレーニングによって割と早い段階で元に戻すこともできますが、長期にわたって減ってしまった筋肉は元の状態に戻すのが難しくなります。

ですから、咬筋が大きく発達している方はできるだけ、長期間筋肉の弛緩状態を維持するため、一度の治療ではなく、何度か継続的に治療を行うことが効果的です。

施術後、数日から徐々に小顔効果を感じることができ、さらに1ヶ月ほど経過すると、フェイスラインに変化が現れてきます。

ボトックス注射は咬筋の働きを抑制しますので、次第に咬筋がやせてきて、すっきりした小顔のフェイスラインになってきます。

咬筋の働きを完全には抑制しません。およそ下1/3ないし1/4程度のみ(やつれた印象にさせない)にボトックスを作用させます。咀嚼に関して、かむ力が減って、ものが食べづらくなるのではと心配される方もあるかもしれませんが、咀嚼には側頭筋や翼突筋など、その他の筋肉もおおいに関わっており咬筋の働きが数10%減少したところで、治療後に物が咬みづらいといった日常生活へ支障が出ることはありません。

ボツリヌストキシン注入で歯ぎしり・食いしばり癖がある方も改善される

歯ぎしりや食いしばりを常時されている方は、歯にいつも体重の1.5倍近い力が加わっていると言われており、エラが張ってくるのは、頬にある咬筋が発達するためです。

強いかみしめには、顎まわりの筋肉(咬筋)が大きく影響しています。
噛む力を弱くするには、咬筋の緊張をほぐす必要がありますが、睡眠中の食いしばり、その時の「噛む」という行為は無意識で行われているため、自力で弱くすることはできません。

そこで、咬筋の緊張ほぐすためには、医療分野で幅広く使われるボトックス注射治療が有効になります。
近年では、美容の分野で使われる機会の多い「ボトックス注射」ですが、医療の世界では幅広い分野で利用されています。

歯ぎしりや食いしばりは無意識にしている方がほとんどです。強く咬みしめているということはその間筋肉(咬筋)をずっと使っている=筋肉トレーニングをしていることと同じです。そして連動するように首や肩の筋肉まで緊張し、頭痛や肩こり、睡眠不足につながることも考えられます。

筋トレで鍛えた筋肉は、筋トレをやめれば徐々にもとに戻りますが、咬筋はそうはいきません。毎日食事をする際にも必ず使います。硬いものが好きな方はなおさらです。

虫歯や歯周病はないはずなのに、歯や歯肉が痛い、朝起きたときアゴやほほが痛い方、エラが張っている方は歯ぎしりや食いしばりをしている可能性が考えられます。

そこで、ボトックス注射をすることで鍛えすぎた咬筋をほぐしていきます。
施術後咬筋が柔らかくなることでエラの張りが緩和され小顔効果も期待できます。

    

スキンリファインクリニックのボツリヌストキシン注入

当院では国内唯一、厚生労働省承認アラガン社製のボトックスビスタのみ使用し治療に当たっております。
ボトックス製剤は、世界各国で様々な種類のボツリヌス製剤が製造販売されており、最近では安価なボトックス製剤も普及していますが、日本で厚生労働省が認可しているのはアラガン社のボトックスのみです。

ボトックス注射が初めてで不安な方、ボトックスビスタ以外の治療を受けて効果を感じない方、安心・安全なアラガン社のボトックス製剤、ボトックスビスタによる治療をお受け頂くことをおすすめします。

3,脂肪が気になる部分には脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、例えば脂肪吸引に比べると治療効果は劣りますが、施術時間が短く、圧倒的に体に負担が少なく、お手軽であることが魅力です。
顔に脂肪がつきやすく、顔だけ痩せない方に部分痩せが可能で、肌の引き締め作用がある為、痩せてもたるみません。

脂肪溶解注射も各種ありますが、多くは天然植物由来成分で構成されており、副作用がほとんどないため、安全性の高い治療です。

脂肪の気になる部分に注射を行いますが、5分から10分程度で施術が終わるお手軽さが魅力です。早い人は施術を受けてから、3日ぐらい経過すると、顔のラインが引き締まってくるのを感じ、幅広い年代の方が施術を受けています。メスを使用する方法には抵抗がある方、手軽な治療をお望みの方にお勧めの施術です。

従来のBNLS注射は植物由来成分を主成分とした小顔注射で脂肪溶解作用、リンパ循環作用、肌の引き締め、作用により最短で3日程で顔痩せ、小顔効果を実感できたが更に新しくなったBNLS Neoは「デオキシコール酸」が追加された事で脂肪を溶かす効果がアップしています。

4,皮膚のたるみが原因の場合はリフトアップの治療

あごからエラにかけての輪郭部分がゆるんで“ブルドック”状態になってきてしまったという方もいます。

あご周りや頬の輪郭は、加齢ととともにたるみが現れ、重力に逆らえなくなり皮膚が垂れ下がってきます。すると、輪郭が四角くなり、顔を大きく見せてしまいます。特に頬は、顔の部位の中でもっとも広い面積を占め、ボリュームもあるため、頬がたるむことで他人が見たときの視線の位置が下がり、顔が四角く(大きく)なったように見えるのです。

たるみを引き上げることで、頬の位置が上がり、もたついた輪郭が引き締まると顔の重心があがり、顔面自体の容積の変化はなくとも、逆三角形の小顔にみせることができます。

たるみとは、肌のハリ・弾力が低下して、目元や頬・口元の皮膚が垂れ下がることです。早い方では30代からたるみ始め、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。
若い方でも、乾燥や紫外線によるダメージが原因で皮膚がたるむことがあります。

皮膚がたるむ原因は乾燥や紫外線

乾燥は、肌の真皮層に負担をかけます。皮膚が生まれ変わるサイクルが乱れ、コラーゲンやエラスチンの減少に拍車をかけ、皮膚をたるませてしまいます。
紫外線がダメージを与えるのは、コラーゲンやエラスチンを作りだす線維芽細胞。もちろん、紫外線による肌の乾燥も大きなダメージです。

肌のハリを保つには、皮膚の奥深くの層(真皮層)にコラーゲンやエラスチン、そしてそれらを作り出す線維芽細胞が正しく張り巡らされている必要があります。何らかの原因でそのバランスが崩れると、ハリ・弾力が低下し皮膚がたるみます。
これは加齢とともに肌の弾力が失われ、皮下脂肪などの重みに皮膚が耐えきれなくなって下がってしまうからです。

皮膚のたるみに効果的な治療

これまでは、余った皮膚を切除するいわゆるフェイスリフト手術しか方法がなかったのですが、高周波治療器や超音波機器が誕生したことで、外科手術を行わなくとも高い引き締め効果が期待できるようになりました。

一気に“切らないリフトアップ施術”が増加したのです。どの機械も、皮膚の奥に適度な熱刺激(熱ダメージ)を与えることでコラーゲンなどの肌のハリに関わる機能を刺激(破壊・活性化)し、肌に若々しさを取り戻す仕組みです。ウルトラフォーマー3などの最新のマシンでは従来機種に比べ、痛みも軽減され、効果もかなり高くなっています。

たるみ治療に効果的なHIFU

加齢によって顔の下半分に重みが出ている場合は、たるみ治療に効果的なHIFUがおすすめです。当院では、切らないリフトアップとして人気のHIFUの最新マシンを導入しております。肌の奥深くから引き締めて持ち上げるため、キュッと上がった若々しい小顔に仕上がります。

HIFUの効果

全身の一番表面を覆ている皮膚、その下には皮下脂肪層があり、更にその下には筋肉が存在しますが、顔面の筋肉の表面は比較的硬い膜状の組織があり、それが顔面筋表面をマスクのように覆ており頭皮から首までつながっています。
これを表在性筋膜、SMAS;スマスと呼び、このSMASを選択的に狙い、ここに熱変性をもたらすことで、SMASを引きしめ、顔全体のたるみを1回の治療で引き上げます。

SMASの引き上げはたるみの治療で最も重要なことで、外科的手術におけるフェイスリフト手術もこのSMASを必ず引き上げます。従来は外科的手術でしか行えなかったSMASの引き上げができる画期的な機器なのです。「切らないフェイスリフト」と呼ばれるほど顔のたるみに対して圧倒的な効果があります

また、痛みがほとんどなく、ラジオ波を真皮下層にまんべんなく照射し、熱をしっかりと加えることでコラーゲン繊維を収縮させ、即時的に皮膚を引き上げる、引き締めるお肌への負担の少ない治療もございます。

5,失敗しない小顔治療

小顔治療を取り扱っている美容整形クリニックは多くあり、今ではどのクリニックでも治療を受けることができます。しかし、どのクリニックでも治療を受けられるとなっても、中にはボトックスを注入する量が適量でなかったり、注入する位置が不適切であったりすることで、トラブルを起こしているケースもあるため、クリニック選びは入念に行いましょう。

クリニック選びに関して最大のポイントとなるのが、ボトックス治療でどれぐらいの施術を行なったかという実績の部分です。
ボトックス治療を行うのは美容整形クリニックの医師になりますが、医師の腕によっては、失敗やトラブルが起きることもあります。そのため、医師の実績や経歴を事前にチェックしましょう。

スキンリファインクリニックの小顔治療の考え方・特徴・強み

スキンリファインクリニックの小顔治療は医師が丁寧に診察をし、症状の見極めからはじまります。小顔を阻む原因は、お一人おひとり異なるため、まずは症状を見極めることが重要となります。
まずは、患者様のなりたい理想像を伺ったうえで、脂肪の量、つき方、筋肉のバランス、骨格などの特徴を分析、理想的なフェイスラインを叶える百人百様の的確な治療をご提案します。

たるみ治療でいうと、メスで皮膚を切ってたるみを直接引き上げるフェイスリフト手術など、大掛かりなものをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。
確かにこのような外科的な治療は即効性がありますが、ダウンタイムが長く、患者さまの負担が大きいです。中には、強い痛みを伴う治療もあります。

スキンリファインクリニックでは、全ての治療において「痛くない」「患者様の負担が少ない」ことを重視。その上で、しっかりとした効果が期待できるものだけを取り扱っております。
たるみ治療としても、ダウンタイムが短く、メスを使用しない治療のみをご用意していますので、我慢できないような強い痛みはありません。

スキンリファインクリニックの小顔治療の種類

ボツリヌストキシン注入

メリット
デメリット

BNLS Neo

メリット
デメリット

エンディメッド・プロマルチ

3DEEPテクノロジーを利用した高周波(RF)による強力なタイトニングマシン。ボリュームが引き締まるので、小顔にし、フェイスラインを綺麗に整えたい方にも最適の治療です。
熱による刺激を受けたコラーゲンは、数週間にわたって再生・増殖・収縮され、これにより肌のハリが回復し、若返り効果も得られます。

メリット
デメリット

ウルトラフォーマー3

強力なリフトアップ・張り・弾力を取り戻す最新リフトアップマシン。
肌の内部の目的の場所(深さ)だけに照射し、加熱する(熱損傷を起こさせる)ことができ、1回の治療で約半年~1年効果が持続します。

メリット
デメリット

6,「小顔エステ」との違い

エステで得られる小顔効果は、一時的なむくみの改善

小顔マッサージとは、顔全体を指圧、マッサージすることで静脈やリンパの流れをよくし、むくみを取り除くことで小顔にすることを表現しているものと思います。

確かに顔の筋肉や組織にたまった老廃物が流されていくことで、一時的に小顔効果が期待できると思います。ただ、マッサージによる一時的なむくみ改善は、水分の一時的な移動であり、数時間の経過で、残念ながら大部分が元に戻ってしまうと予想されます。
余分な水分、老廃物を除いて小顔を維持させるためには、毎日、継続してマッサージすることや、むくみにくい食事や運動などの習慣が必要になって来ると考えます。

リンパの流れを良くして代謝をアップし老廃物の排出などにより効果を狙うもの

まず、リンパというものは老廃物を回収する作用があります。マッサージをして、うまく静脈とリンパの流れをいつもより、改善することが出来れば、マッサージを行った付近に溜まっていた老廃物を効果的に流すこともできると思われます。上手にマッサージすることが出来れば、いつもよりシュッとした印象になることが期待できます。

継続することで効果も見込めるが、継続するには忍耐も必要

顔が大きいことがコンプレックスで、小顔になるマッサージを色々と試している女性は大勢います。そしてまた、どれだけ小顔マッサージを頑張っても、なかなか効果を実感できなくて悩んでいる女性も少なくありません。世の中には数多くの「小顔になるマッサージ」がありますが、医学的に根拠がある方法は、ほとんどありません。

だからこそ、まずは顔が大きく見えてしまう原因などを理解した上で、改めてどうすればそれを改善できるのかについて考えることが、小顔を手に入れる為に最も大切なことでしょう。

美容医療の小顔治療はハッキリとした効果を実感

顔や頸部のリンパなどをマッサージすることで、少しくらいなら顔を小さくすることも可能でしょう。しかし、ハッキリとした効果が欲しいのなら美容医療の活用が一番です。過度なマッサージなど、自己流の方法では、やり方を間違えるとシワやほうれい線が逆に濃くなるケースも考えられるため、専門家による施術を強くおすすめします。

最新の美容皮膚科ではメスを使うことなく、小顔になれる方法が数多く存在します。まずは敷居の高い美容外科より美容皮膚科を利用することも一つの選択です。費用も骨削りなどの外科治療法よりもずっとリーズナブルな金額で顔を小さくできることも可能でしょう。
美容皮膚科での施術が支持されている最大の理由は、治療を受けるときの手軽さにあるといえます。頬骨削り、あご削りなど骨格の手術を受ければ、確かに大きな効果が望めますが、費用が高額なほか、様々な合併症などのリスクを取る必要があること、長いダウンタイムを覚悟する必要があります。

しかし、例えば美容皮膚科でのボトックス注射などは、大きなリスクなく、長期間のダウンタイムも気にする必要もなく、すぐに高い効果を確認することができます。以前の写真と比べる必要もないくらいハッキリとしているため、効果に満足ができるはずです。

スキンリファインクリニックではアフターケアケアもしっかり行っております。施術をした箇所のトラブル、困ったこと、心配なこと、いつでも対応しておりますので安心してご相談ください。

篠原秀勝ブログ 橋本聡ブログ 藤林万里子ブログ
新行内芳明ブログ 森大ブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F