メールで予約

TBS金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』 第4話

 

こんにちは

スキンリファインクリニック広尾 院長の橋本です。

 

現在、好評放送中の中谷美紀さん主演のTBS金曜ドラマ、「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」。

このドラマ全体の医療監修、美容皮膚科監修を私が担当させていただいております。

 

watashi_kekkon

 

さすが今期ドラマ満足度No.1に輝いただけあって、第4話もとても面白い展開でしたね。

4話でも冒頭にみやび先生の『美容皮膚科診療中』のシーンが流れました。

 

みやび先生の友人の桂子(マルシアさん)が、青山美フ科クリニックにお肌のメンテナンスに来ていました。女友人同士ですので、恋の話をしながら施術をしていましたね。合コンに行くべきかどうかの相談です。普段はナースの梨花ちゃんにお任せしているような治療ですが、お友達の桂子ですので、院長のみやび先生が自ら談笑しながら施術しています。

このシーンではマルシアさんが目で演技をしますので、目隠しをするようなレーザー治療や光治療(フォトフェイシャル)のようなマシンを使うことができませんでした。そのため、美容皮膚科では定番の治療、イオントフォレーシス(イオン導入)の治療中という設定にしました。

当初の事前の打ち合わせでは、実際にはイオン導入を「やっているフリ」で終了する予定でしたが、現場で中谷さんが「せっかくですからマルシアさんにイオン導入を実際にやって差し上げましょうよ」とおっしゃって、マルシアさんも大喜び。

この治療は特に資格などは必要のないものですので、実際のやり方を中谷さんにお教えして、ビタミンCとトラネキサム酸のイオン導入を本当にやりながら撮影を行いました。ここでも中谷さんには手慣れた手つきをすぐに再現していただきました。

 

そして、中盤ではクリニックの昼休み中にお客様用のお化粧直しスペースで、みやび先生とスタッフが談笑するシーンがありました。 美容皮膚科は完全予約制をのシステムをとっていることが多く、昼休みの時間も設けているところも多いです。 みやび先生の青山美容皮フ科クリニックも人気クリニックですが、完全予約制ですので、慌ただしい診療時間中とは対照的に、昼休みはこのようなゆとりがあります。

「病院でこんなに談笑する暇なんてないだろ」 とお考えの方もいらっしゃったかと思いますが、実際にあり得る光景です。

 

合コンでは青山美容皮フ科クリニックのスタッフがそれぞれ自己紹介をして、受付、ナース、事務などと言っていました。 このドラマの企画段階でお話を頂いた際に、美容皮膚科全般の実情や、当院での診療体制などを事細かに取材されました。 このスタッフの構成も取材当時の当院のスタッフ構成(院長一人と、ナース1名、その他事務や受付など3名の計4名)そのままです。 現在では当院のスタッフは私以外に8名と倍増していますが、青山美容皮フ科クリニックの構成はまさにリアルにあり得るものです。

施術中のシーンなどは実際に当院の診察室で撮影しておりますが、受付などのスペースは撮影の関係上、セットを組んでいただきました。 診察室とのバランスを保つために、青山美フ科クリニックの内装や備品はすべて当院とそっくりの作りになっています。

『美容皮膚科も含めて医療的な内容もすべてにおいてリアルさを追求したい』 という製作スタッフの方々のこだわりを強く感じましたし、この意気込みがこれだけ素晴らしいドラマを作り上げるのだと感じています。

 

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F