老化防止に期待されている奇跡の物質「NAD+」

NAD+とは体内の細胞で起こる代謝過程や反応に不可欠な物資であり、健康維持や体力維持などを担う役割を果たしています。
NAD+を体内に取り入れることで、身体の見た目や機能が、まるで時計の針を戻すように劇的な変化を起こすことを突き止めた研究が次々と発表され、「若返りの薬」として世界中で注目を集めています。
多くの研究データにより、NAD+の欠乏が様々な病気や病態を引き起こすことが示唆されており、近年では、加齢に伴う様々な身体の衰え(老化現象)をNAD+によって改善できる可能性が報告されています。

最近、日本の美容医療ではNMNを点滴、またはサプリメントとして補うアンチエイジング治療が流行っています。
NMNを経口サプリメントとして摂取した場合、体内でNAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質に変換されます。

当院のNAD+点滴療法は、すでに変換されたNAD+を静脈に投与する治療であるため、効果の実感が早いのが特徴です。
NAD+を点滴により直接血管内に取り入れることで、より効率的な体内でのNAD+の上昇による若返り効果が期待出来ます。

NAD+(NMN)

もくじ

1,アンチエイジング・老化防止が期待できるNAD+点滴

NAD+点滴療法は肌質などを若々しく見せる効果が期待できる治療です。
NAD+点滴を行うことで、サーチュイン遺伝子を活性化させます。サーチュイン遺伝子とは、「若返り遺伝子」「長寿遺伝子」などと呼ばれ、活性化することで次のような効果が期待できます。

細胞内のエネルギーを作る「ミトコンドリア」を新たに生成

細胞内の古くなったミトコンドリアや異常なタンパク質を除去する

上記の作用により、体力減少や疲労などの身体機能を改善。若さを保ちながら、身体を健康へと導くことができます。

NAD+は、ビタミンB3(ナイアシン)を原料とする天然の補酵素で、体内で細胞エネルギーの生成に利用されます。
NAD+の点滴治療は、ATP(アデノシン三リン酸)を増加させ、細胞レベルで活動エネルギーに働きかけます。NADとATPが増加すると、新陳代謝、ストレス耐性、DNA修復、内分泌シグナル伝達、細胞アポトーシス(プログラムされた細胞死)など、さまざまな機能が回復向上します。

2,NAD+合成される仕組み

    NAD+(NMN)

    人間の体内でNAD+が合成される仕組みは、主に2つあります。一つはキヌレニン経路で、必須アミノ酸であるトリプトファンからNAD+が合成される経路であす。この経路では、トリプトファンが酸化的開裂を受け、生成物であるホルミルキヌレニンを形成します。この経路では、トリプトファンが酸化的切断を受け、ホルミルキヌレニンが生成されます。この過程は、トリプトファン-2、3-ジオキシゲナーゼ(TDO)とインドールアミン-2、3-ジオキシゲナーゼ(IDO)という酵素によって促進されます。ホルミルキヌレニンの生成後、さらに酵素反応が起こり、いくつかの酵素によってNAD+に変換されますが、そのうちの一つが3-ヒドロキシアントラニル酸3, 4-ジオキシゲナーゼ(3-HAAO)です。

    NAD+の合成経路の2つ目は、サルベージ経路と呼ばれるものです。サルベージ経路は、ニコチン酸、ニコチンアデニンモノヌクレオチド、ニコチンアミドが消費される際にNAD+がリサイクルされることから、このように名づけられました。ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)という酵素がニコチンアミドをニコチンアミドアデニンモノヌクレオチド(NMN)に変換し、ニコチンアミドアデニルトランスフェラーゼ(Nmnat)という別の酵素でNAD+に変換されます。あるいは、ニコチン酸がNAD+合成の前駆体として使われ、ニコチン酸からニコチン酸モノヌクレオチド(NAMN)を生成し、Namptという酵素によってNAD+に変換させることができます。NAD+の合成経路が多様であることは、人体におけるNAD+の重要性を反映しています。

    NAD+(NMN)

    3,NAD+で改善できる悩みと特徴

      NAD点滴療法が多くの人に支持されている理由の1つは、回復時間が必要ないことです。患者様の多くが点滴当日に顕著な効果を実感しています。中には、治療直後にわずかに夢心地になる方、エネルギーがみなぎる方もいますが、普段の状態に戻るので支障はありません。

      下記のような効果が期待できます。

      肌全体の美しさ向上 エネルギー活性化
      老化現象の緩和 シワの減少
      炎症や痛みを軽減 筋肉や健康維持の補助
      記憶力の向上 認知機能の向上
      気分の向上 うつ症状の軽減
      運動能力の向上 体重増加防止および体重管理の補助

      エネルギーの活性化

      私たちは食べたものや酸素を利用し、活動するためのエネルギーを作り出していますが、この時に必須の補酵素となるのがNADです。年齢とともに体内のNAD量が減少すると、生み出すエネルギー量も低下することから、若い頃には感じなかった変化が身体に現れます。点滴によりNADを補うことで、エネルギーが活性化されることが分かっています。

      炎症や痛みの改善

      NAD+の静脈点滴が行われる新たな理由のひとつに、疼痛管理があります。NAD+は体内で顕著な抗炎症作用を発揮することが知られており、痛みに伴う炎症を抑えることで、疼痛を緩和することが期待されています。NAD+の補給による疼痛コントロールに関する研究は現在も進行中です。

      肌質の向上・しわの減少

      長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させることで、全身の老化を遅らせるため、肌の老化も遅らせることから、肌質の改善が期待できます。

      記憶力の向上

      NAD+は脳に対して保護作用と刺激作用の両方を発揮することが示されています。このため、NAD+静脈点滴は、記憶力の向上、集中力の改善、脳再生の促進、神経機能全般の改善などの効果が期待できます。外因性NAD+の補給がこのような効果を発揮する的確な方法については、現在も研究が進められています。

      うつ症状の軽減

      神経回路の改善によりうつ症状だけでなく、アルツハイマー症候群、パーキンソン病などの疾病の改善や治癒の可能性があります。

      運動機能の向上

      NAD+はATPの産生に関与していることから、運動能力やパフォーマンスの向上のためにNAD+静脈点滴を受けるアスリートもいます。NAD+の補給は、筋肉の修復だけでなく、筋肉の発達を助けることも分かっています。

      NAD+(NMN)

      4,人体におけるNAD+の重要性

        NAD+は人体の様々な生理作用に重要な役割を担っています。NAD+の欠乏、あるいは体内のNAD+ホメオスタシスの乱れは、これらの生理作用を損ない、その結果、さまざまな病気や病態を引き起こす可能性があります。
        NAD+に影響を受ける生理機能はいくつかあります。

        ゲノム安定性

        日常的に体内では活性酸素種や活性窒素種が放出され、これらの物質が細胞のDNAを傷つけています。さらに、発がん性物質、化学変異原、放射線などの外来因子も、細胞のDNA損傷を引き起こす可能性があります。内因性、外因性いずれの場合でも、細胞のDNAに損傷が生じると、ゲノムが不安定になり、がんの発生や細胞の老化が促進される可能性があります。
        細胞のDNA損傷とその影響を最小限に抑えるために、体内にはDNA損傷応答(DDR)と呼ばれるプロセスが存在します。DDRとは、体内で傷ついたDNAを検出し、修復するプロセスのことである。DDRはNAD+に大きく依存するプロセスであり、体内のNAD+の量が少なくなると、DDRプロセスが損なわれ、結果として細胞DNAへのダメージが増加します。

        エネルギー代謝

        人間の体内では、いくつかの代謝経路でエネルギーが放出されます。エネルギー代謝経路の例としては、解糖、トリカルボン酸(クレブス)サイクル、酸化的リン酸化、脂肪酸酸化、エタノール代謝などがあります。すべてのエネルギー代謝経路が正しく機能するためには、補酵素としてNAD+の存在が必要です。解糖系では、NAD+はグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GADPH)および乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)の触媒反応を促進します。クレブスサイクルでは、NAD+はαケトグルタル酸脱水素酵素、イソクエン酸脱水素酵素およびリンゴ酸脱水素酵素という律速酵素の補酵素として機能します。肝細胞で行われるアルコール代謝もNAD+を補酵素として必要とします。体内のNAD+が不足すると、これらのプロセスすべてに影響を与え、体内でエネルギーが生成され利用される効果に悪影響を及ぼす可能性があります。

        サーカディアン・クロック(概日リズム)

        概日時計は、生物時計または概日リズムとも呼ばれ、人体の睡眠/覚醒のサイクルを調節する内因性プロセスです。この体内時計は、1日のうちで異なる時間帯や異なる季節に体を適応させるのに役立っています。概日時計の正確さと有効性は、細胞内のNAD+のレベルにも起因しています。NAD+が不足すると、概日リズムが乱れ、日中の眠気、浅い眠り、ホルモンバランスの乱れ、気分の変調などの影響が現れます。

        5,NAD+点滴はこのような方にお勧めです

          ・身体の中から若返りたい
          ・肌質を改善したい
          ・疲れをとりたい
          ・夜間熟睡したい
          ・筋肉量を増やしたい
          ・代謝をアップして痩せたい
          ・病気になりにくい身体をつくりたい
          ・ミトコンドリアを活性化させたい

          6,NMNとの比較

            NMNは体内に取り入れられると、NAD+に変換されます。この代謝工程がなく、直接NAD+を体内に取り込むことができるため、NAD+点滴の方が、効率的で、効果の実感が早いといえます。

            7,NAD+点滴療法のメリット・デメリット

              効率よく体内に取り入れることができることがメリット

              効率よく体内に取り入れることができることがメリット

              早く効果を実感することができ、また、実感できる効果は多岐にわたります。トータルのアンチエイジングが実現できます。

              投与時間が長いことがデメリット

              場合は4時間~5時間かかります。
              また、個人差はありますが、血管痛を伴うことがあります。一度の治療が高額であることもあります。

              8,NAD+点滴の施術の流れ

                NAD+が配合された製剤を左右どちらかの腕に点滴します。所要時間はおおよそ2時間半~4時間です。
                点滴中は、読書をしたり、携帯電話を操作することもできます。仰向けでも座位でも楽な状態で過ごしていただけます。

                9,ダウンタイム

                ダウンタイムはほぼありません。静脈注射ですので、穿刺部位に内出血を起こすことがあります。

                10,推奨されている回数・頻度・持続期間

                一般的に健康な方であれば、月1回の点滴治療で十分なNAD+を補給し、最適な健康状態やパフォーマンスを維持することができます。しかし、多くの場合、隔週(2週間に1回)の点滴を行います。その理由はNAD+ 点滴により摂取した成分は、通常2~3週間体内に留まるためです。
                また、疲労やその他の臨床的な懸念が生じたときに、症状に応じて点滴を受ける方もいます。一般的にエネルギーや活力を高めたい方は、最初は月に数回、その後は月に1回、または2ヶ月に1回の点滴が適切な場合が多いようです。
                ほとんどの方は1回の治療で大きな効果を実感しますが、継続することにより、約1ヵ月後にはより良好な改善結果を実感することが期待できます。最初の点滴により、良好な結果が最大(最長)で2週間持続すると考えられています。
                維持療法としてのNAD+点滴は身体の日常的なメンテナンスに適しているため、ほとんどの場合、1ヶ月に1回の投与で十分です。しかし、必要であれば、1ヶ月の間に複数回行うことが可能な安全な治療法です。

                11,施術を受けられない方

                妊娠中のNAD+ 点滴に対する安全性は今のところ確認されていません。そのため、妊娠中・授乳中の方はNAD+点滴を受けることはできません。

                12,副作用は少ない

                NAD+の注射は安全で忍容性が高いといわれています。
                稀に起こりうるNAD+ 注入の副作用には、頭痛、息切れ、便秘、血漿ビリルビンの増加、γグルタミン酸トランスフェラーゼ、乳酸脱水素酵素、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼのレベル低下などがあります。
                NADの点滴中に、胸が少し締め付けられるように感じることがあります。また、軽い吐き気や頭痛を訴える方もいらっしゃいますが、これらの症状は点滴の速度を遅くすることで軽減できます。

                13,料金

                NAD+(NMN)点滴
                投与量 料金 所要時間
                NAD+ 250mg ¥66,000 2時間半~3時間半
                NAD+ 500mg ¥110,000 4時間半~5時間半

                篠原秀勝ブログ ドクターブログ

                施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック