スキンリファインクリニック広尾ブログ

安易に手を出すべきではない 「美容皮膚科メニュー」 Top5

2015/03/13

LINEで送る

 

こんにちは
スキンリファインクリニック広尾 院長の橋本です。

 

 

headLogo

前回は、「私が理想とする美容皮膚科」 についてお話ししましたが、今回もその続きです。


『美容整形 (美容外科) は顔の形を変えたい人が行くところ。』

『美容皮膚科は、皮膚をキレイに若返らせたい人が行くところ。』

前回の記事でこのように書きました。

今回は、美容皮膚科の診療内容でも、「顔の形を変える(人相を変える)」 治療が存在しているというお話しです。

我々のような、美容外科手術を専門的に行ったことのあるドクターは、「二重まぶたを作る」 「鼻の高さを変える」 「顎の形を変える」、「小鼻を小さくする」 という治療を日常的に行った経験があります。 しかも、それはそれぞれ、ご希望に合わせて0.1mm単位の繊細さが要求されるシビアな世界です。

そのため、美容外科手術をご希望される方は、よく調べてらっしゃる方が多く、ほとんどが医師を指名して手術を依頼してくださいます。近隣の方だけではなく、全国から手術を受けにいらっしゃるというのが、美容外科手術の特徴の一つだと思います。

自らの人相を変える治療をするわけですので、その仕上がりは一生モノです。自らの一生を託す程のイベントですから、そのぐらいの労力はいとわないという考えになるのも当然だと思います。

私も、こういった美容整形的な手術をする際、例えば鼻や顎のシリコンプロテーゼを加工する際には、自らの手で、丁寧に丁寧にその人にとって最も良い形になるように心をこめて削り出します。

私が以前、長く通っていた美容院を変えたきっかけになった美容師の一言がありました。その美容師さんは

「いやー、先生は大変ですよね。手術ですから。我々なんて、結局は髪の毛は伸びてきますから、あー、今回はちょっとイマイチだなー、と思っても結局はまた生えてきますからね。」

と、私の髪を切りながら言いました。 なんの悪気もなく話した感じでしたが、プロ意識に低さが私は許せませんでした。

切開をして二重まぶたを作ったり、シリコンプロテーゼを挿入して鼻や顎を高くしたりという手術をする際には私の場合は、「この人の今後の人生を私に託してくれた」というぐらいの強い気持ちを持って手術を行います。美容皮膚科のレーザーを当てる時でもそうです。

美容師とはいえ、技術を売りにしている職人ですので、職人意識をしっかりと持ってもらいたいものです。

さて、話はそれましたが、
「美容皮膚科の領域でも美容整形的な結果をもたらす治療がある」 という事実は大きなポイントです。

例えば、鼻の高さや形を変える手術(シリコンプロテーゼ)を希望する方は、今お話ししたように、非常に慎重にドクター選びをします。

しかし、美容皮膚科に行くと、 「少し鼻が低いから、ちょっとヒアルロン酸を入れるだけで簡単に鼻筋が通せるよ」 「もう少し顎のボリュームがあった方がいいから、ヒアルロン酸を入れておきましょう」 と言われてすぐに言われるがままにヒアルロン酸を入れてしまう方も多くいます。

同じ、「鼻や顎などの形を変える治療」 であるにもかかわらず、どうして治療を受ける側のお客様は慎重にならないのでしょうか。とても不思議な現象です。

「鼻の形を綺麗に変えたい!上手なドクターにやってもらいたい!」 という気持ちで治療するのと、

「なにかよくわからないけど、通院していて一応は信頼しているドクターがやった方がいいというから、やってみよう」 という気持ちで治療をする のとでは、非常に大きな違いがあるということだと思います。

もちろん、やった後に、「なにか思っていたのと違う」と、後悔する人の割合は圧倒的に後者です。

目や鼻や顎といった顔のパーツの形を変える治療は、美容整形的な経験とセンスが重要な治療です。それこそドクター選びをしっかりとして、慎重に行うべき治療だと思います。

残念ながら、「美容皮膚科に行ったら、なにか変な人相になった。顔が変わった」 というような声を聞くことがありますが、本来は美容皮膚科はそのような場所ではありません。 綺麗に若返らせる、肌のトラブルを解消する場所です。

人相を変えたいと思っていない人に、人相を変えてしまう可能性がある治療を安易に勧めるという、この業界でありがちな行為が美容皮膚科のイメージを悪くしてしまったと思っています。

私が美容皮膚科の治療メニューの中で、慎重にドクターを選んで依頼した方がいいと思う治療Top5を挙げてみます。

①ボトックス注射
  正確に、その人に合った打ち方をすれば通常は人相が悪くなることはありません。「ボトックスを打つと変になった友達がいるから嫌だ」という方はたまにおられますが、上手に使いこなせば非常によい治療です。非常にもったいない事だと思います。

②ほうれい線ヒアルロン酸注射
  ただ単に、シワを消せばよい。 窪みがなくなればいい。 という安易なものではありません。 「法令線にシワがあるから、ここにヒアルロン酸をいれましょう」 という軽いノリは実は危険です。 ほうれい線の形状や深さ、動きによっては、入れてはいけない人もいらっしゃいます。 そのような方に入れてしまうと、確かにシワは消えますが不自然になります。

③鼻・顎のヒアルロン酸注射
  骨格を変化させる打ち方をする場所ですので、美容外科のトレーニングをしっかりと積んだドクターがお勧めです。 美容外科医は、パーツだけの美しさももちろんですが、全体のバランスも重視します。 たとえば、鼻のアップの写真を撮った場合、非常に綺麗で、外国人のような美しい鼻だったとします。 しかし、顔全体の写真にしてみると、東洋人の骨格にその鼻が乗っていたとしたら、それは単なる付けっ鼻です。 鼻の中でも鼻先と小鼻のボリュームのバランスも大事ですし、鼻全体と額や顎、ホホ骨の出っ張り具合などとのバランスも大切です。

④シミやホクロのレーザー治療
  意外といろいろなテクニックを要する治療です。すぐに綺麗になるケースもあれば、非常に再発や取り残しの多いドクターもいます。再発した場合は「再発しやすい体質なんだね」で済まされてしまいます。 どんな名医であっても再発率がゼロということは絶対にありませんが、重要なことはその再発率です。明らかに再発する率や取り残しの率が高いドクターはテクニック的に問題がある可能性があります。

⑤糸を使ったリフトアップ手術
  美容外科医・形成外科医はフェイスリフト手術をたくさん行った経験があります。 顔の皮膚を切って、中を実際に見て、どのような構造がどこにあるかを熟知しています。重要な神経や血管、耳下腺などの組織。そして、どこをどのように引っ張るとどこが引き締まるかも熟知しています。その経験がありますから私は安心して顔のいろいろな部位に効率よく安全に糸を挿入できると感じています。

我々は、「安心・安全な美容皮膚科」 を追求し続けます。

 

 

スキンリファインクリニック広尾  
http://skinrefine.jp

ドクター直通無料メール相談はこちら
skinrefine.ht@gmail.com

ご予約フリーダイヤル 
0120-440-138 

 

 

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595