メールで予約

フォトフェイシャルMAGMA(マグマ) 薄いシミを諦めない

フォトフェイシャルとはシミ、特殊な光を顔全体的に照射することによって、シミ、そばかす、ニキビなどのお肌のお悩みを改善させる最先端のエイジングケア治療です。

人それぞれ、お悩みは十人十色ですが、マグマは主に『シミ・そばかす』の改善が得意な治療法です。

1,マグマの効果 シミ・そばかすだけでなく全体的なエイジングケア

マグマ マグマはシミ・そばかすが気になる方、かさぶたなどのダウンタイムが気になる方、痛みに敏感な方におすすめです。
治療の回数が必要とは言え、一度に広範囲の治療が可能な点や、赤ら顔や肌のハリなど、全体的なエイジングケアが行えるのも大きなメリットです。目立つかさぶたなども基本的にはできないため、接客業や多忙な方でも、支障なく治療をうけて頂けます。また従来機種に比較し、照射時の痛みは軽度です。

マグマ(フォトフェイシャル)の効果を詳しく紹介

マグマの効果としては以下のようなものがあります。
それぞれについて詳しく紹介していきましょう。

シミ・そばかすが薄くなる

年齢と共にでてきたシミ、子供のころからあるそばかす、そういったシミの原因はメラニン色素です。

紫外線や加齢の影響で蓄積するメラニンや、そばかすの様に遺伝体質的に存在するメラニンといったお悩みに、マグマ(フォトフェイシャル)は効果的です。

にきび跡・赤ら顔など、赤みの改善

ニキビあとの赤み、毛細血管による赤み、ぼんやりくすんでいるような赤み、これらは炎症や微小な毛細血管の異常による色むらです。こういった赤みの軽減にもマグマの波長とパルス密度が効果的です。

小じわ・ハリ・毛穴を引き締める

マグマ(フォトフェイシャル)は、メラニンや赤みなどの色調の変化に対して効果的ですが、繊維芽細胞を活性化し、皮膚のコラーゲンを増生する効果があります。お肌にハリが出ることで、気になる毛穴や小じわに対しても効果が期待できます。

くすみ、色むらの改善

くすみ、色むらの原因はメラニンや炎症、毛細血管などさまざまです。それぞれの状態を少しずつ改善することで全体的に色むらを緩和することが出来ます。

リジュビネーション効果(若返り、エイジングケア)

シミ、くすみ、色むらを改善し、お肌のハリを取り戻すことで、見た目年齢の若返りが期待できます。定期的に繰り返すことで、効果的なエイジングケアが可能です。

2,マグマによるシミ治療 レーザーとの比較や他の光治療との違い

レーザー治療と比較

シミ治療においてフォトフェイシャルとレーザー治療器を比較すると、一般的にフォトフェイシャルは、火傷やかさぶたが生じないマイルドな効果です。一方シミ取りのレーザーは強力ではありますが、ポイントのシミを薄くする以外のメリットがありません。

フォトフェイシャルは、シミ改善以外にも、赤ら顔、肌のはり改善、全体的なリジュビネーション効果などの幅広い効能を持っています。

ほかの光治療と比較

他の光治療と比べて、「マグマはシミへの反応性が高いフォトフェイシャル」といえる理由があります。
それは、従来の光治療器と比較してパルス幅(光が照射される時間)が短く、5ミリ秒という非常に短時間のパルス幅で1㎠あたり22Jのエネルギーを出力できるためです。

つまり、レーザーに近い性質を備えているのです。

そのほか、以下のような特徴があります。

最適な照射エネルギーを機器が自動算出

マグマは照射の前に、皮膚表層にあるメラニンをメラニンメーター(診断装置)で測定します。
数か所測定し、計測したメラニンの平均値を入力することで、その方に最適な設定を自動的に算出します。独自のアルゴリズムに基づき計算された設定はどのようなスキンタイプの方であっても、火傷などのリスクが非常に少なく、安全かつ効果的な治療が実現可能です。

小鼻や目周りなども治療可能

マグマは照射面が小さいことも優位な特徴の一つです。照射面が小さく取り回しのしやすいハンドピースは、小回りが効くため、他の機種では治療することが難しい小鼻や目周りなども治療可能であり、当てムラなく顔全体的に照射することが出来ます。

3,マグマのリスクや副作用

痛みはゴムではじかれたような刺激

パルス幅(光を照射している時間)が短いため、従来の光治療機よりと比較すると痛みは少なく不快感は軽減していますが、施術中は、ゴムではじかれたような刺激を感じることがあります。照射後はクーリングを行い、お肌の炎症を鎮静化させてからご帰宅して頂きます。

メイクや入浴は当日から可能

照射直後からメイク可能です。入浴、洗顔など、特に日常生活に制限はありません。仕事の合間、帰りに施術を受けて、メイクをしてそのままお出かけ頂けます。

マグマで治療が難しい方

肝斑、炎症性色素沈着、ごく薄いシミ、など一部のシミ・くすみなどは改善が難しい場合があります。すべての方に適した唯一の解決策は存在しません。
スキンリファインクリニックでは、マグマでの改善が難しいタイプのお悩みにも、他のさまざまな治療法とプロトコルを、その方に合わせて作成し治療に当たります。ご安心ください。

また、マグマは顔・首などの施術が可能ですが、上まぶたは照射できません。

日焼けに注意

日焼けしたお肌に照射すると、やけどや水ぶくれになる(水疱)可能性があります。
また、照射後に日焼けさせると、色素沈着を起こす可能性があります。
そのため治療後は日焼け対策をすることが必要です。ホームケアとして、美白成分(ハイドロキノンなど)配合のスキンケアを使用すると、より効果的です。

4,マグマは月に1回、5回の継続をおすすめ

効果的な治療回数や、治療間隔

月に1回、最低5回は継続して頂くことをおすすめしております。
なるべく早い改善を望まれる方は2週間に一度治療をうけて頂いても問題ありません。
また、ダウンタイムはほとんどありません
照射後数日はシミが一時的に黒浮きする(黒くなる)ことがありますが、1週間ほどで自然に剥がれ落ちます。

MAGMA(マグマ)のメカニズム

マグマは波長域530nmの可視光線・近赤外線を発振するフラッシュランプを搭載しています。光を当てることで、皮膚に存在するメラニン・ヘモグロビンなどに反応し、シミ、小ジワ、赤みを改善するさまざまな効果を発揮します。

5,施術室に入ってからの施術の流れ

施術後はドレッサーにてメイク可能です。

6,マグマの料金

自由診療のカウンセリング料金、診察料などはかかりません。
料金はすべて税別表示です。別途消費税がかかります。

MAGMA マグマ 銀座院のみ
¥15,000
¥25,000

7,マグマの概要まとめ

メリット ・しみ・そばかす・にきび跡・赤ら顔・小じわ・ハリ・毛穴を引き締める
・コラーゲンの生成を促進する
1回の施術時間 約30分
オススメの治療回数 月1回の継続的な治療がおすすめ
効果がでやすい治療間隔 2~4週間おき
施術できる部位 顔・首
施術できない部位 上まぶた
施術中の痛み 輪ゴムではじかれる程度
施術後の痛み ほぼなし
ダウンタイム
メイク・入浴はいつから?
ほぼなし(シミ部分の軽度の黒浮き)
直後にメイク可能、当日から入浴可能
施術ができないケース 日焼けしている場合、傷がある場合
リスクや副作用 火傷
施術後に気を付けること 日焼け対策・保湿

MAGMA(マグマ)と一緒に受けると効果が高い施術

施術名やオプション 効果が高まる理由
ハイドラフェイシャル バキュームのついたピーリングを事前に受けることで、毛穴の汚れがとれ、光の反応が良くなります。
ケミカルピーリング
ミルクピール
バキュームのついたピーリングを事前に受けることで、毛穴の汚れがとれ、光の反応が良くなります。
DNAリペアセラピー EGF(成長因子)、DNA修復酵素を導入することで、保湿、小じわの改善につながります。

関連のブログ記事一覧

2017/01/09
新型フォトフェイシャル【MAGMA】Formatk社製、薄いシミへの選択肢
篠原秀勝ブログ 橋本聡ブログ 藤林万里子ブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:火・金
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F