電話で予約

メールで予約

その肝斑治療、間違ってませんか?

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック銀座 院長
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

肝斑の治療。そもそも、肝斑とはなんでしょうか?両頬に見られるシミで、年齢ででてくるんですよね?そんな風に仰る方が少なくありません。確かに10代ではないですが、20代からみられる人もあり、年齢の影響よりも強力な要因がいくつかあります。スキンケア方法、化粧品関係、そして紫外線の影響が重要です。

診察に来ていただければ、しっかりとご説明させて頂けますが、今回は極論してシンプルにご説明申し上げます。肝斑に関しては、シミと言うより【くすみ】と考えて頂いた方が分かりやすいと思います。上の写真の方は、典型的な肝斑で、頬の高い位置、目じりの外側に三日月の様な形の濃いシミがありますが、これが肝斑です。え?くすみ?というよりべたっと濃いシミにみえますよ?はい、そうですよね、分かりにくいですよね。

ちょっと写真のチョイスがよくないのですが、この方は肝斑の中でも真の肝斑のタイプになります。肝斑の中にも実は種類があると言うか、実は肝斑自体の定義は完全に明確化されているわけではなく、広い意味での肝斑や狭い意味での(真の肝斑:今回の三日月)など、概念・考え方が少し複雑です。。

とりあえず、治療によって頬の三日月しみが薄く目立たなくなっているのをご確認いただけると思います。三日月シミはかなり改善していますが、頬の下、口元近くのシミは薄くなっているものの、三日月シミと比べれば、改善は軽度ですね。こちらは普通のシミですので、レーザーや光治療が効果を発揮するシミになります。

肝斑?普通のシミ?肝斑はシミじゃないの?上記の説明だけではさらに混乱をまねいてしまうかもしれませんので、補足します。普通のシミ、と言うのは丸っと輪郭がはっきりくっきりした形に見えるものが多いです。不思議と境界鮮明な丸い形、楕円形を作ります、大きさはさまざまです。対して肝斑と言うのは今回の三日月に見える典型例のほか、もやーっと、グラデーション的に顔の一部の範囲がくすんでいる状態で、大きさというより広い範囲にカスミがかかっているというか、皮膚自体の色が濃くなっている、なんだか透明感がない肌と考えて頂いた方が宜しいです。そして、この肝斑(くすみ)と普通のシミはいつも同居しています。シミ治療でご来院される方のほとんどみなさん、両方を持ち合わせています。

いまいちピンとこないかもしれません。このように『これはシミ、これは肝斑なのですよ』と僕らが区別したがるのは、最適な治療法がシミによって違うからなのです。何でもかんでもこれ一つ、全部よくなる究極の治療があれば、四の五の言わずに『あ、シミの治療ですね、それではこの究極マシンでどうぞ』なんの診断やカウンセリングも必要なく、話が早いのですが、現状そのような魔法の治療はないのです。

レーザーや光で簡単に良くなると思ってたのに、全然良くならない。あるいは人によってはなんだか悪化してきている。そんな話を聞いたことのある方、いらっしゃるのではないでしょうか?適した治療を行わなければ、改善しないどころか悪化の可能性もあるので、キチンと診断を付けることは大事なのです。

そしてこの診断が難しいのです。

大学病院勤務時代、20代の僕はまだ手術の執刀や助手業務がメインの頃、シミとか肝斑とか話している先輩のその会話の意味が全く分からず、『え、どれが肝斑でどれがシミなんですか?』『これがしみで、この辺が肝斑かな』まったく先輩の話が理解できませんでした。その後、シミに関する資料や教科書を読み漁り、様々な症例(患者さん)のシミ治療にあたっていく中で、点と点が繋がったというか、頭の中の靄が晴れたというか、もやもやした診断基準が僕の中でクリアになる時が訪れました。それは形成外科医になってから3年が経過していた時のことでした。

つまり、シミ治療その為の診断能力が養われるのに、3年かかったわけです。僕の場合。もちろん当時は手術を色々勉強していた時期で、シミ治療ということ、あるいは美容皮膚科全般に対して、興味がなかったのもの事実ですが、シミの診断にはある程度、知識と経験が必要だと思います。ただ、これも今の美容皮膚科の時代においては、素晴らしく分かりやすい解説のある教科書が出版されていたり、美容皮膚科を専門とする様々なドクターも増えていますから、その診断能力はすぐに身につくものかと思います。

肝斑治療に関して

僕の診療方針をご案内いたします。まず、しっかりとシミ・くすみの状態を診断させて頂きます。そして、シミ・くすみ治療に際して、現状ご案内させて頂く選択肢は以下になります。

プラズマフェイシャル(ネオジェンPSR)、レーザートーニング、ハイドラフェイシャル、フォトフェイシャル、ダーマペン4、リバースピール。字面だけみても全く意味不明ですよね。当然です。とりいそぎ、今までの治療歴を伺い、状態によって最適な方法をご案内致します。ほんとうに多いんです。『肝斑だからレーザーは(フォト)はできないって言われたんですよ、何か良い方法はありませんか?』すみません全然、肝斑じゃないですよ。。。ですから、しっかりした診断能力のあるクリニックで診て頂いて下さい。そして、できれば選択肢を豊富に持ち合わせているクリニックに受診してください。

色々肝斑に対する治療、アプローチは増えています。どんどん新しい治療が生まれています。善い治療が増えるのは良いことですよね。未来が明るくなります。でも、新しい治療がどんどん増えているという現実は、裏を返せば『肝斑に対して完璧な治療』は現状無いという事実なんです。肝斑と言っても、いろいろな肌の状態の人がひっくるめて表現される(広い意味の肝斑)わけですから、本当に個人個人、適した治療が変わります。今回見て頂いたプラズマの症例の方はレーザートーニングも受けていたわけです。それに満足していればプラズマは受けられないですよね?プラズマを提案したとして、以前経験のあるレーザートーニングに満足されているのであれば、わざわざリスクを冒して、別の治療を選びません。それなりの満足度はあったのかもしれませんが、もっと効果的な治療を望まれたから、プラズマ治療を受けられたわけです。

レーザートーニングよりプラズマ治療が優れていると単純に主張するつもりは毛頭ありません、プラズマがいまいちな方だっていらっしゃるわけです。レーザートーニングの方が早く、効果的な方だっていらっしゃるわけです。何が言いたいかと言うと、様々な治療選択肢をご用意し、最適な方法を始めにご提案できればベストですが、十人十色、正解は一つではありません。治療経過からフィードバックし、必要があればすぐに診療方針を変えていく、つまりしっかり、アフターフォローしていく。そういった診療が大事だと考えています。

Infomation

スキンリファインクリニック銀座

篠原医師がいる
スキンリファインクリニック銀座

  • 銀座院の施術の様子や
    最新情報はSNSをチェック

関連のブログ記事一覧

BBLについてもっと詳しく

LUMECCAについてもっと詳しく

M22についてもっと詳しく

MAGMAについてもっと詳しく

肝斑の治療についてもっと詳しく

しみの治療についてもっと詳しく

しみ取りレーザーについてもっと詳しく

ハイドラフェイシャルについてもっと詳しく

唇の治療パークついてもっと詳しく

プラズマフェイシャルについてもっと詳しく

プラズマフェイシャルハイエナジーについてもっと詳しく

リバースピールについてもっと詳しく

レーザートーニングについてもっと詳しく

レーザーフェイシャルについてもっと詳しく

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
  • 八王子院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F
E-Space八王子
0120-045-006
診察時間:11:00-19:00
休診日:月・木
八王子駅南口 徒歩3分