電話で予約

メールで予約

ネオジェン(Neo Gen PSR)でハイエナジーのプラズマ治療

プラズマ治療は光治療でもなく、レーザー治療でもない、全く新たなジャンルの治療です。
イオン化した気体であるプラズマが、ほかの物質と分子レベルで作用することで老廃物などを除去します。

1, Neo Gen PSRでハイエナジーのプラズマフェイシャル

Neo Gen PSRNeo Gen PSRは窒素ガス窒素ガスをプラズマ状態にして噴射し、皮膚へ作用する機械です。

プラズマ治療ではフラクショナルレーザーを上回る皮膚の入れ替え効果が期待でき、下記のような効果を兼ね備えています。

当日はわずかな赤みが見られますが、当日からメイク可能でカバーすることが可能です。

肌への効果

メラニンなどの色に反応するものではありませんので、色黒の方でも施術を受けていただけます。また日焼け後のトーンアップ目的で日焼け直後の早期にケアすることも可能です。

肌の表面(表皮)

肌の表面(表皮)に対しては肌のターンオーバーを促進させ、停滞したメラニンを排出し、くすみやキメの改善、美白効果をもたらします。特にアクネ菌などへの殺菌作用、抗炎症効果に優れています。

肌の深い部分(真皮)

肌の深い部分(真皮)に対してはコラーゲンを作る繊維芽細胞増殖因子へ作用しコラーゲンの生成を促します。更に熱作用も加わることでより線維芽細胞に刺激が加わりコラーゲンが生成されます。2つの作用によって小ジワ、毛穴の開き、肌の質感を改善させます。即効性もありますが、繰り返し行うことで肌のターンオーバーが行われます。

ニキビ跡の凹凸にも

Neo Gen PSRによるハイエナジーのプラズマフェイシャルは、もう一つのプラズマ治療である、プラズマフェイシャル(Neo Gen SPA)より高いエネルギーのプラズマを照射することができます。そのためプラズマフェイシャルでは治療回数がかかる深い毛穴やニキビ跡の凹凸に効果を表します。

おすすめの人

3~4週間に1回を推奨

効果的治療間隔および治療回数は、3~4週間に1回を推奨しております。

肌のターンオーバーは28日で起こっています。3~4週間より間隔が短すぎると肌にかえってダメージを与えることになります。また、プラズマPSRは高出力で照射しているため短い間隔で行うと炎症性の色素沈着を起こしやすくなります。

国内初導入したのがスキンリファインクリニック

当クリニックのコンセプトはお肌が本来持っている生命力を引き出し、輝きに磨きをかけること、それがスキンリファインの考え方です。

Neo Gen PSRによるプラズマ治療は、このコンセプトに最適な治療のひとつです。

2、リスクや副作用、治療後に気を付けること

プラズマ治療はレーザーや光治療(IPL)、高周波、超音波などとは異なる治療です。

炭酸ガスフラクショナルレーザーと比較し、ablationの熱による肌ダメージが少ない施術。そのため色素沈着、色素脱失などの副作用が起こりにくいのが特徴ですが、照射直後はひりつき感・赤みが出ます。ひりつき感は当日~翌日程度、赤みは数日以内に治ります。
またPSRは高出力で照射するため、照射の強さによっては赤みが茶色くなり皮むけ(ブラウンチェンジ)が高確率で生じることがあります。ブラウンチェンジした場合は5日~1週間ほどで脱落します。

注意事項

施術後は保湿と日焼け止めを

施術後は肌が乾燥しやすくなるため保湿が必要です。処置後専用のクリームをお渡ししておりますので7~10日ほどお使い下さい。
また、紫外線の影響を受けやすい状態となっています。必ず日焼け止めを使用して下さい。

プラズマ治療(Neo Gen PSR)の料金

自由診療のカウンセリング料金、診察料などはかかりません。
料金はすべて税別表示です。別途消費税がかかります。

プラズマフェイシャルハイエナジー
顔全体 ¥45,000
両頬 ¥30,000
鼻+鼻脇 ¥15,000
¥10,000

4, 施術室に入ってからの施術の流れ

5, 施術後の肌の状態の変わり方

6, プラズマ治療(Neo Gen PSR)と併用して受けると効果が高い施術

ドラッグデリバリー効果(肌に見えない穴が空いている状態)により美容液やピーリング剤が通常よりも浸透しやすくなり、より高い治療効果が得られます。
単体で施術するよりもおすすめです。

7, プラズマ治療(Neo Gen PSR)について一覧でまとめ

メリット
  • 高出力なため効果が出やすい
  • プラズマフェイシャルよりも少ない回数で治療できる
デメリット
  • ダウンタイムがある
  • 痛みがある(麻酔必須)
  • 症状によっては回数がかかる
  • たるみには効果がない
一回の施術時間 1時間
オススメの治療回数 平均3回(重症な毛穴やアクネースカーは回数がかかります。)
効果がでやすい治療間隔 3~4週間
施術できる部位 顔・身体
施術できない部位 粘膜
施術中の痛み 必須
施術後の痛み 針で刺されるような痛みがあります。
ダウンタイム 赤みは数日程度。
かさぶた(痂皮化)は5日~1週間程度
メイク・入浴 メイク・入浴は翌日より可。シャワーは当日より可
施術ができないケース 妊娠・授乳中の方。外傷がある場合は照射できません。
リスクや副作用 かさぶた(痂皮化)を無理に剥がしたり紫外線に当たったりすると色素沈着の恐れがあります。
肌が乾燥し痒みや赤みが出ることがあります。
施術後に気を付けること かなり肌が乾燥します。保湿を行って下さい。
必ず日焼け止めを使用して下さい。

関連のブログ記事一覧

2019/07/08
【美肌】プラズマフェイシャル NeoGen SPA【毛穴、ニキビ治療】
2019/07/01
【執筆】医学雑誌「形成外科」形成外科の治療指針 update 2019
2018/05/05
プラズマ治療が【NeoGen PSR】にバージョンアップしました☆
2017/07/26
【イチゴ鼻】の治し方。フラクショナルレーザーを超えるプラズマハイエナジー
篠原秀勝ブログ 橋本聡ブログ 藤林万里子ブログ
新行内芳明ブログ 森大ブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F