CLATUUα(クラツーα)は切らなくてもいい痛みの少ない痩身治療です。
運動や食事制限だけではなかなか思うように痩せられません。
クラツーαは痩せたい部分の脂肪細胞を狙って、痛みが少なくリバウンドしにくい部分痩身施術です。

1,CLATUUα(クラツーα)とは

CLATUUα(クラツーα)はCLASSYS社が開発した最新の「冷却して脂肪を溶解する」タイプの脂肪冷却痩身美容機器です。目的の脂肪細胞部位を冷却することにより、脂肪細胞のみ凍結させ脂肪細胞の機能を停止、破壊することができます。水分は0℃で凍り始めるのに対し、脂肪細胞は4℃で凍ります。

脂肪細胞を4℃に冷やすことで血液、その他の組織にはダメージを与えることなく、脂肪細胞の数自体を減らすことができるため、リバウンドしにくいのが特徴です。アポトーシス(不要な細胞を排除する性質)を誘発された脂肪細胞はマクロファージの働きにより、30~90日程かけ代謝、排出し徐々にサイズダウンしていきます。

これまでの冷却機器と比べて、CLATUUα(クラツーα)は冷却カップの形状、取り付け方式が改良され、体の部位ごとに適合するようになり、従来の両面冷却方式から360度サラウンドになった為、効率を最大18.1%向上させました。

カップ全体に冷却を行うことが可能になり、結果として脂肪細胞をより効果的に除去します。
吸引力も20%向上しています。

2,CLATUUαの特徴

  • 冷却効率の高い360度クーリング
  • メスを使わない痩身治療
  • 痛みやダウンタイムが少ない
  • リバウンドしにくい(脂肪細胞自体を減らす)

90日後の経過

90日後の経過

  • 1台で同時に2カ所施術できる
  • アプリケーターにいくつかのバリエーションがある

clatuuαのアプリケーター

clatuuαのアプリケーター

アプリケーターを装着した状態でハンドピースを施術部位にあて、吸引して皮膚とハンドピースを密着させた状態で冷却します。アプリケーターの使い分けによって体のどの部分のラインにもハンドピースをフィットさせることができるようになり、より細かなデザイン治療が可能となりました。

3,CLATUUαのメカニズム

脂肪を凍らせる

治療部位をハンドピースで吸引し、脂肪を凍らせます。

脂肪細胞をアポトーシス

凍った細胞はアポトーシス(不要な細胞を排除する性質)を起こします。脂肪細胞以外へのダメージの心配はありません。

脂肪細胞を排出

破壊された脂肪細胞は1~3か月かけて自然に体外へ排出されます。脂肪そのものが減少するのでリバウンドすることはありません。

4, CLATUUαで期待できる効果

ダイエットすると脂肪細胞が小さくなります。細胞が小さくなることで脂肪層が薄くなり瘦せた体になります。そのため食事制限や運動をやめると小さくなった脂肪細胞も元の大きさに戻りリバウンドしてしまいます。

CLATUUα(クラツーα)は脂肪細胞の数を減らすことができるのでリバウンドしにくく運動や食事制限が苦手な方でも痩身が期待できます。

5, CLATUUαはこのような方におすすめ

  • 気になる部分だけ部分的に痩せたい
  • 運動や食事制限が苦手
  • 痛みに弱い
  • ダイエットを繰り返し行ってきた
  • ダイエットしてもリバウンドしてしまう
  • 楽して痩せたい
  • 脂肪吸引などの手術はしたくない

6,治療をお受けできない方

  • クリオグロブリン血症
  • 発作性寒冷ヘモグロビン尿症
  • 妊娠中または授乳中

7,治療において注意が必要な方

  • 心臓病、糖尿病、発熱、治療部位に感染症、悪性腫瘍のある方
  • 寒冷じんましん
  • レイノー病
  • 湿疹や皮膚炎、瘢痕組織が存在する部位
  • ヘルペス後神経痛などの神経障害
  • 皮膚の感覚異常、治療領域の1年未満の手術、創傷
  • 出血障害があり、抗凝固剤を使用している

8,治療における副作用

  • 治療開始数分後、引っ張られる感じがありますが、十分に冷却されると不快感は軽減されます。
  • 治療直後の反応は赤み、硬直、盛り上がり、皮膚過敏になりますが、それらは治療直後の通常の皮膚反応です。
  • 治療後に内出血、腫れ、鈍痛、圧痛、かゆみ、ヒリヒリ感、知覚麻痺、しびれ、痙攣、筋肉の収縮、一時的な脱色などがみられる場合がありますが、症状は時間とともに軽減し、数日から数週間で消失します。(ヒリヒリ感や知覚麻痺は最長で数か月ほど続くこともあります。)
  • ごくまれに施術中、施術後にめまい、吐き気、ほてり、発汗などの血管迷走神経反射、数日後の激しい疼痛、皮下硬結、組織の肥大が起こることがあります。
  • 冷えや腹痛を起こすことがあります。

9, CLATUUαのリスク

  • 長期的な知覚異常
  • 施術部位の色素沈着
  • 凍傷、低温火傷
  • 奇異性脂肪化形成

10, CLATUUαのメリット・デメリット

メリット ・脂肪細胞の数自体を減らすためリバウンドしにくい
・メスや針、麻酔を使用しない
・自然な代謝によって脂肪細胞を排出できる
・他の細胞、血管への影響がない
・体型を選ばない
デメリット ・脂肪減少効果の実感まで3週間程度かかる
・ヘルニアのある部位には使用できない
・自然な代謝によって脂肪細胞を排出できる
・脂肪の厚さが一定の基準に満たない方は使用できない

11,治療の流れ

  • カウンセリング:

    施術部位の確認。1.5~2.5cm以上の皮膚(部位による)をつかめる部位であれば施術可能です

  • マーキング:

    気になる部位の脂肪の厚みを確認し、アプリケーターの装着する部位をマーキングする。

  • ジェルパッドを貼る:

    皮膚の凍結予防のためジェルパッドを貼る。

  • カップを装着:

    ジェルパッドの上からカップをのせます。治療が開始されると強力な吸引がかかり、カップ内に皮下脂肪が吸い込まれます。冷却の時間は両腕で20~40分、その他は40~50分程度です。

  • 終了、カップを離脱:

    終了しカップ、ジェルパッドを外すと冷却されシャーベット状になった皮膚が赤く盛り上がった状態になっています。

  • ハンドマッサージ:

    シャーベット状になっている凍った治療部位をハンドマッサージして皮膚の状態を確認し、ホットタオルでジェルを拭き取り終了となります。

12,治療の経過

  • 照射後は施術部位が赤く盛り上がり、当日で赤みはほとんど減りますが、まれに翌日は内出血しているように見える方もいらっしゃいます。数日~数週間程度程、腫れと皮膚に違和感や痺れが続くことがあります。
  • 当日から入浴可能です。
  • マッサージは当日から1週間程度行った方がより効果的です。
  • 全ての症例が1回で完治するわけではありません。1回で20%程破壊されていると考えられています。
  • 効果には個人差があり、症状によっては改善が見られない場合があります。また、治療後の食生活によって、効果が見られない場合もあります。

13,治療の間隔

2回目以降の治療間隔ですが、同部位にCLATUU αを施術するは30~90日後が目安です90日後が良いと推奨されています。治療回数は症状により異なりますが、3回程度続けられると効果の実感がしやすいです。ウルトラフォーマーや脂肪溶解注射をする場合は2週間後から治療可能です。

clatuuαによる症例写真

治療後およそ90日かけて脂肪が消失していきます。

14, CLATUUαの料金

CLATUUα クラツーアルファ 銀座院のみ
1カップ ¥66,000
2カップ ¥99,000
3カップ ¥154,000
4カップ ¥187,000
5カップ ¥231,000
6カップ ¥264,000
3回コース(20%OFF)
お顔(3カップ) ¥369,000
二の腕(2カップ) ¥237,000
ブラファット(2カップ) ¥237,000
ブラファット前面背面(4カップ) ¥448,800
お腹コース(4カップ) ¥448,800
お腹コース(6カップ) ¥633,600
アップグレードメニュー/スカルプティングトリートメント
(銀座院限定ARCHIM Tokyoトリートメント)
1~2カップ ¥6,600
3~4カップ ¥13,200
5~6カップ ¥19,800

関連のブログ記事一覧

2022/01/08
【女美会1月7日配信】「スキンリファインクリニック」が紹介されました。
2020/11/19
【美ST・1月号】SRC銀座院が掲載されました。
2020/10/18
gotoイートしたい!でもコロナ太りも解消したい!最新美容医療が役立ちます
篠原秀勝ブログ ドクターブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック