電話で予約

メールで予約

高濃度ビタミンC点滴で全身の細胞活性化で身体の中から美しくハリのある透明な肌へ

高濃度ビタミンC点滴は美容効果が高く、最先端のアンチエイジング治療として流行しています。

食事や内服では得ることのできないビタミンCを点滴で直接血管内に投与することで、血液中に大量のビタミンC濃度を上昇させ皮膚の老化防止、保湿、肌のハリ、シミ予防、ニキビ予防など、様々な効果を得ることができます。

美容目的や健康目的にも定期的にメンテナンスをして身体の中から美しくなりましょう。

1,ビタミンCの基礎知識

 

酸素を吸って生きている私たちは、酸化による老化を避けることは困難です。酸化の進行を遅らせて防止し、さらに改善するのに必要な栄養素のひとつがビタミンCです
ビタミンは水溶性ビタミンの一種でアスコルビン酸と呼ばれます。

人はビタミンCを体の中で作ることはできません。しかしほとんどの動物は体の中でビタミンCを作っています。
ビタミンC生成経路の最後にあるL-グロノ-γ-ラクトン酸化酵素(GLO)が人にはないため作れなくなっているのです。これはGLOを作る遺伝子の活性を失っているため、遺伝子はあるが使えていない状態にあるのです。

ビタミンCはコラーゲン生成促進やメラニン生成抑制の作用を持つため体内のコラーゲンを作る際に必要な重要なビタミンです。
このビタミンが摂取できないと体を構成するコラーゲンを十分に作ることができなくなっていきます。
十分に作れなくなってくると皮膚や血管、臓器等の構造も保つことができなくなってしまいます。
そのためビタミンCは体に必要なものなのです。

2,高濃度ビタミンC点滴とは

防腐剤が入っていない高濃度ビタミンC点滴を点滴で体内に入れる方法です。
栄養素が直接血管に入るので、消化管を通らずに高濃度のまま全身にいきわたります。ヒトの体内では合成できないビタミンCを積極的に取り入れることで美容と健康維持に役立てることができます。

美容点滴、注射は外側からの治療だけではなく、内側からも効果的な有効成分を直接体内に取り入れ、美容と健康に効果抜群で、美白や美肌のみならず疲労を軽減し臓器の修復を促し、免疫力ならびに身体の恒常性を高めます。
サプリメントなど経口摂取と比べて点滴はビタミンCの血中濃度を20~40倍以上に増やし身体の抗酸化力を高め、即効性があり効果が高い治療です。

通常、ビタミンCやビタミンB群のような水溶性ビタミンは、経口摂取ではどんなに大量に摂取しても血中濃度はあまり上昇せず、一度に吸収できる量が限られているため多くは尿中から排泄されてしまいます。点滴によって静脈に直接投与することにより、体内に取り込まれたビタミンCが実に様々な効果を発揮してくれます。
デトックス効果、にきびの改善、エイジングケア、がん治療にも効果が期待されています。

3,高濃度ビタミンC点滴効果

美肌効果

美白 メラニン生成を抑制する働きがあり美肌効果が高く、シミや肝斑ができにくくなる
シワ、たるみ改善 コラーゲンを生み出す繊維芽細胞を刺激することでコラーゲン生成を促進し、シミ、たるみ、肌のハリを改善する
保湿力の改善 皮脂の過剰分泌を抑制するため水分を挟み込みセラミドの生成を促し水分保持力が上がり肌の保湿力の改善を促進する
ニキビケア 抗酸化作用は細胞の老化を促進し、皮脂の分泌を抑制するためニキビ予防、ニキビ改善効果がある

その他効果

老化、生活習慣病予防効果 体の酸化を防ぎ、老化の原因となる生活習慣病を誘発する活性酸素から肌を守る役割がある
疲労回復効果 強力な抗酸化作用で活性酸素を除去し、老廃物を取り除くデトックス効果で全身の倦怠感や遅漏回復を早める
免疫力アップ効果 体内のウイルスや病原菌を排除する白血球の機能を強化して免疫力を上げ風邪やウイルスによる感染症を予防する

4,高濃度ビタミンC点滴が向いている人

5,高濃度ビタミンC点滴が受けられない人

高濃度ビタミンC点滴は、美肌だけでなくエイジングケアや健康維持のためにも利用されている施術で、副作用がほとんどないことが特徴です。高濃度ビタミンC点滴をすると溶結発作と言って重度の貧血のような症状(めまい、息切れ、動悸など)を起こすことがあります。
そのため点滴を受ける前に血液検査を受けていただくことがあります。
次に当てはまる方は受けることができません。

6,高濃度ビタミンC点滴の副作用、リスク

副作用

3万件以上の実施データの中でも大きな副作用はみられませんでしたので、安全に受けていただくことができると言えます。

リスク

点滴刺入部の痛み、内出血

   

体質によって点滴をしているときに血管痛といって点滴をしている腕が重くなったり、ピリピリとした痛みを感じることがあります。
ビタミンCの量(浸透圧)や点滴速度、血管の状態などが関係します。そのような症状がでた場合は点滴速度を下げたり、温めたりして対応します。

溶血

   

G6PDという酵素が欠損している遺伝子疾患の方は赤血球の破壊を起こすことがあります。この病気は日本人にはまれですが、高濃度ビタミンC点滴を受け場合は事前に血液検査が必要です。

低血糖

   

ビタミンCとブドウ糖の科学的構造が似ているため、インスリン(血糖を下げるためのホルモン)が過剰に出てしまうことにより生じます。空腹での点滴はお勧めできません。

眠気

   

主にビタミンCの抗ヒスタミン作用によると考えられています。一時的なものなので心配はありません。

7,高濃度ビタミンC点滴のメリット、デメリット

メリット

デメリット

8,高濃度ビタミンC点滴の施術時間

1回 45分~1時間程度

9,高濃度ビタミンC点滴の頻度

点滴の頻度は徐々に体外に排泄されるため、2週間に1回程度、定期的に投与することで高濃度 
を維持できるとされます。
喫煙者では週に1回行ったほうが良いでしょう。
また、夏や屋外に長時間いるイベントがある時は、前後1週間を目安にイベント前に1回、イベ
ント後に1回点滴をする方が紫外線予防としてお勧めです。

10,高濃度ビタミンC点滴の費用

点滴:高濃度ビタミンC
12.5g ¥8,000
25g ¥12,000
初回検査 ¥3,000

11,高濃度ビタミンC点滴と併用すると効果が高い施術

12,その他注射、点滴のご案内

にんにく注射 ¥2,000
にんにく注射+α ¥3,000
スペシャル美白点滴 ¥5,000
篠原秀勝ブログ 橋本聡ブログ 藤林万里子ブログ
森大ブログ 赤松正ブログ
現:東海大学病院 教授
花井潮ブログ
現:東海大学病院 助教授

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F