浄化濃縮 幹細胞培養上清液点滴(リファインエクソソーム点滴)

幹細胞培養上清液とは

幹細胞培養上清液とは、ヒト幹細胞を培養するときに使用した培養液の上澄み液のことです。幹細胞そのものは除去されていますが、幹細胞を培養する過程でエイジングケア効果があるとされる成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが培養液に大量に放出されます。これらを濃縮し、輸液としたものが「幹細胞培養上清液点滴(エクソソーム点滴)」です。

期待できる美容効果

  • シワ改善
  • 色素沈着改善(シミや火傷痕など)
  • 肌のハリや弾力改善
  • 育毛や発毛
  • 炎症性肌トラブル改善
  • 血管新生のサポート
  • 細胞増殖や細胞運動の促進をサポート
  • 総合的なエイジングケア

幹細胞=さまざまな細胞を作り出す能力をもつ細胞

ヒトの体は約37兆個の細胞によって構成されています。皮膚や血液など寿命の短い細胞も多く存在し、細胞が失われると新たな細胞が産生・補充されています。これら細胞の入れ替えの働きを担うのが「幹細胞」です。

幹細胞の特徴には「分化能」と「自己複製能」の2つの能力に分かれます。分化能とは、さまざまな細胞へ分化(変化)する能力です。役割をもたない細胞が命令を受け、必要に応じて血液や皮膚・消化器・神経系などの細胞に変わる、といえばわかりやすいかもしれません。一方、自己複製能は幹細胞が何度分裂・増殖しても同じ幹細胞が複製される性質をさします。

ニュースなどで度々取り上げられる幹細胞の一つである「iPS細胞」は、人工的に作られた多能性幹細胞となります。すでに役割をもった体細胞を取り出し、役割をもたない細胞に戻したのち、再び役割を与え目的の細胞として分化させることが可能となりました。

皮膚から角膜細胞を作り出し移植をおこなうなど、幹細胞がもつ自由度の高い性質を生かした再生医療は、今後ますます発展するといえるでしょう。 

再生医療で注目されている3種類の幹細胞

幹細胞は大きく「体性幹細胞」「ES細胞」「iPS細胞」の3種類に分類されています。いずれも再生医療として注目されていますが、研究段階であり、実用されるのはまだまだ先の話です。

最も治療への応用が進んでいる「体性幹細胞」

現在、最も医療への応用が進む幹細胞は体性幹細胞です。すべての組織や臓器を作り出すことはできませんが、皮膚・血管・神経・筋肉・軟骨などの細胞に分化することが可能とされています。またヒトの体内に存在するため、拒絶反応が少ないことも特長です。

体性幹細胞の働き

  • 加齢などにより衰えた細胞や失われた細胞の修復や再生

受精卵から培養する「ES細胞」

ES細胞とは胚性幹細胞とも呼ばれ、胎児となる可能性をもつ胚(受精卵)から作られた幹細胞です。受精卵は生物をつくる源でもあるため、あらゆる組織や臓器を形成することが可能な万能細胞ともいわれています。一方で生命の芽ともいえる受精卵の使用は倫理観を問う声も多く、医療上の課題とともに議論が続けられています。

ES細胞の働き

  • あらゆる組織に分化が可能なうえ、無限に増殖する
  • 医学研究では遺伝子操作も可能(特定の疾患を引き起こす遺伝子を改変など)

人工的に作製される「iPS細胞」

iPS細胞とは人工多能性幹細胞のことです。ES細胞と異なり胚(受精卵)を使用せず、誰もがもつ線維芽細胞から作る幹細胞となります。体細胞に4つの特定因子を導入することにより、さまざまな細胞に分化することか可能です。また、iPS細胞は増殖能が高くES細胞同様に万能細胞といえるでしょう。

iPS細胞の働き

  • 自身の皮膚や血液などから採取した線維芽細胞を使用し、目的の組織へと分化させる

3種類の幹細胞比較表

ES細胞 iPS細胞 体性幹細胞
特徴 分化能はあるが万能ではない 分化能・増殖能が高く万能 分化能・増殖能が高く万能
由来 ヒト(自家細胞) 胚(受精卵) 線維芽細胞+特定因子導入
倫理観 問題なし 協議中 問題なし
課題 増殖能が限定的 拒絶反応や腫瘍化の可能性 拒絶反応や腫瘍化の可能性

「幹細胞培養上清液点滴」と「幹細胞治療」の違い

「幹細胞培養上清液点滴」と混同されやすい治療法として「幹細胞治療」が挙げられます。いずれも幹細胞に関連する治療法ですが、使用薬剤や施術の流れは大きく異なります。

幹細胞治療=自身の幹細胞を使用する

幹細胞治療は患者自身の幹細胞を培養後、治療目的部位へ注入する再生医療です。耳の裏の皮膚や腹部の脂肪をごく少量、採取をおこない、そこから培養した幹細胞を衰えた皮膚や、損傷した靱帯などへ注入します。さまざまな細胞に分化する幹細胞の能力を活用した幹細胞治療は、自身の幹細胞そのものを使う再生医療といえるでしょう。

幹細胞治療のメリット

  • 自家細胞から幹細胞を抽出するため拒絶反応やアレルギーリスクが少ない
  • 幹細胞を保存することが可能

幹細胞治療のデメリット

  • 外科的手法により自家細胞の採取が必要
  • 他人の幹細胞の使用不可
  • 採取前に血液検査などが必要
  • 幹細胞の培養に約4〜5週間かかる
  • 費用が非常に高額(約150万円〜)

幹細胞培養上清液点滴=培養液から幹細胞を除いた液体

幹細胞培養上清液とは、幹細胞を培養するときに使用した培養液から幹細胞を除いた液体です。幹細胞は培養増殖する過程で活性化し、成長因子・エクソソーム・サイトカインなど数百種類もの生理活性物質と、コラーゲンやヒアルロン酸、酵素などが培養液中に放出されます。

幹細胞は成長因子など有効物質の放出と同時にアンモニアや乳酸(有害物質)を放出します。幹細胞培養上清液は、これらの有害物質を除去するとともに有効物質を濃縮した輸液を使用する点滴療法です。

幹細胞培養上清液点滴のメリット

  • 自身の細胞採取をおこなう必要がない
  • 点滴薬剤として製品化されているため、すぐに治療が可能
  • 幹細胞治療と比べ安価

幹細胞培養上清液点滴のデメリット

  • 繰り返しの治療が必要
  • 献血ができなくなる

「幹細胞培養上清液」が美容領域で注目される理由

 

新しい細胞を産生する幹細胞は、加齢とともに衰え減少します。新生児の幹細胞の数を100%とした場合、40代以降はわずか5%以下に減少するといわれ、肌だけでなく髪や臓器、骨など体全体の細胞が衰えるといえるでしょう。

シワやたるみ、抜け毛や活力低下など、さまざまな老化サインは幹細胞の減少により引き起こされます。幹細胞培養上清液点滴は成長因子やエクソソームを補うことにより、衰え減少する幹細胞にアプローチする治療法です。

幹細胞から分泌されるおもなエイジングケア成分

幹細胞は培養・増殖する際、成長因子やサイトカイン、エクソソームなどを放出します。培養液に含まれる成長因子・サイトカイン・エクソソームを濃縮した輸液を体内に取り入れることで、全身のエイジングケアが可能とされています。

成長因子(グロースファクター)

成長因子はグロースファクターとも呼ばれ、ヒトの体内に存在し、幹細胞から作られるタンパク質の一種です。成長因子は細胞を増殖させ、皮膚再生を促す働きをもちます。

サイトカイン

サイトカインは幹細胞から分泌されるタンパク質の一種であり、細胞間相互作用に関与する生理活性物質の総称です。細胞の増殖・分化・機能発現・細胞死など、さまざまな細胞応答を引き起こします。サイトカインは免疫や炎症に関係した分子が多く、増殖因子もしくは増殖抑制因子があります。

エクソソーム

エクソソームはさまざまな幹細胞が分泌する直径30〜100nmほどの膜小胞(カプセル状小胞)です。細胞培養液中に豊富に含まれるほか、血液や唾液、尿などにも存在します。生体内で脂質・タンパク質・RNAなどを運ぶ細胞間情報伝達媒体といえるでしょう。

当院の幹細胞培養上清液点滴のこだわり

浄化濃縮で高いサイトカイン含有量を保証

浄化濃縮による幹細胞培養上清液は、これまで見落とされていた幹細胞培養上清液に含まれる不純物を浄化し、さらに濃縮技術を用いることで重要な成長因子の含有量を高めた薬剤です。成長因子含有量の統一化により、有効成分を確実に体内に取り入れることが可能となりました。

不純物を除去した安全性の高い薬剤を使用

当院の幹細胞培養上清液点滴は、不純物が極限まで除去された安全性の高い薬剤を使用しています。これまで、幹細胞の培養で細胞からアンモニアなどの有害物質が放出されることは知られていませんでした。そのため多くの幹細胞培養上清液は効果的な精製がなされず、不純物の含まれた状態で流通していたといわれています。

当院で扱う幹細胞培養上清液のアンモニア濃度は、血中 (30〜80μg/dl)よりも低い「20μg/dl未満」の不純物が少ない薬剤のみを提供させていただきます。

※一般的な幹細胞培養上清液は平均してアンモニア濃度1,500μg/dl程度といわれています。

ドナーはすべて健康的な日本人女性

使用する幹細胞はすべてヒト由来であり、提供ドナーは健康な日本人女性です。ドナーの感染症等ウイルスチェック・脂肪幹細胞採取・幹細胞培養・培養液抽出・培養液浄化および濃縮・培養液有効成分チェック・培養液有害物質チェックまでを国内研究所内で一元管理され、安全性の高い点滴治療を受けていただけます。

高いサイトカイン含有量を保証

当院で使用する薬剤は、浄化濃縮タイプの幹細胞培養上清液です。世界初の独自精製法と濃縮技術により、不純物を浄化するとともに有効成分であるサイトカインの含有量が高められています。
特に、「HGF」はサイトカインの中でも重要な成長因子で、HGF含有量に比例してその他の有効成分の量が多くなるといわれています。当製品はHGF含有量が「120,000pg/ml」以上のものだけを提供しており、効果にバラつきのない高品質な薬剤を摂取することができます。

HGF:幹細胞増殖因子 肝臓や肌細胞などの増成を促進し、組織再生に関わる。幹細胞上清液の中でもとくに重要な成分。
KGF:上皮細胞成長因子 毛母幹細胞に働き育毛や発毛を促進
IGF-1:インスリン様成長因子 皮膚コラーゲンやエラスチン産生を促進
VEGF:血管内皮細胞成長因子 血管新生の機能促進
HGF:肝細胞増殖因子 肝臓や皮膚・血管を含めた組織再生に関与
PDGF:血小板由来成長因子 組織修復に関連する幹細胞の分裂を促進
TGF-β3:トランスフォーミング成長因子 抗炎症効果および敏感肌の改善に関与
bFGF:塩基性線維芽細胞増殖因子 皮膚・血管・筋肉などの細胞分化と増殖をコントロール(神経・骨形成にも関与)
aFGF:線維芽細胞成長因子 真皮層の線維芽細胞を増殖しシワや創傷治癒を促進

「幹細胞培養上清液」を美容治療で取り入れる方法

さまざまなエイジングケア効果のある幹細胞培養上清液は点滴のほかに「ダーマペン4」による経皮吸収も可能です。皮膚に微細な穴をあけ、幹細胞培養上清液を真皮層に注入することによりコラーゲンやエラスチン産生を促し、ハリのある若々しい肌へと導きます。

頭からつま先まで、全身のエイジングケアは「幹細胞培養上清液点滴」。美肌に集中したエイジングケアであれば「ダーマペン4+幹細胞培養上清液」を選ぶと良いでしょう。

※幹細胞培養上清液点滴とダーマペン4の併用施術も可

点滴で全身をエイジングケア

「風邪をひきやすい」「朝の目覚めがスッキリしない」加齢とともにエネルギー不足を感じる方は少なくありません。幹細胞培養上清液は衰え、失われていく細胞へアプローチする薬剤です。幹細胞培養上清液点滴は、肌と体の健康を支える全身エイジングケア施術といえるでしょう。

※幹細胞培養上清液点滴を受けた方は献血が不可となります

ダーマペン4と併用で肌を集中ケア

幹細胞培養上清液は経皮注入も可能です。ダーマペン4との併用により、真皮層に幹細胞培養上清液をダイレクトに注入することで線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチン産生を促します。ダーマペン4 +幹細胞培養上清液は加齢とともに現れる目周りの小ジワや、ハリ感の低下を改善へと導く施術です。

※ダーマペン4による幹細胞培養上清液を受けた方は献血が不可となります

使用する薬剤 浄化濃縮タイプ幹細胞培養上清液

施術にかかる時間

30分程度
施術期間 点滴:2週間に1回
ダーマペン:4週間に1回
リスク・副作用 内出血・軽微なむくみ・赤み
施術を受けられない方 妊娠中・授乳中・未治療の皮膚疾患等
その他注意事項

未知の感染症等のリスク
献血が不可となります

※当院の幹細胞培養上清液点滴は医師の責任において使用する未承認医薬品です。

料金

内容 本数 料金 1本単価
トライアル 2本 ¥110,000 ¥55,000
通常 1本 ¥88,000 ¥88,000
まとめ購入 6本 ¥396,000 ¥66,000
まとめ購入 12本 ¥528,000 ¥44,000
エクソソーム点滴は譲渡可能
「若さ」をシェアする

エクソソーム点滴はまとめて購入すると最大50%OFFで購入いただけます。

ご家族・ご友人など他の方に譲渡可能なため共同購入・プレゼントとしてもご活用いただけます。

  • 譲渡される場合も、ご予約は購入された本人様からいただきます。
  • まとめ購入の際の、投与期間は、初回投与日より6ヶ月以内となります。
  • 効果をご実感いただくため、複数回のご利用をおすすめします。
  • ご自身での使用、または譲渡された場合も、購入した医院でのみ使用可能となります。
  • 投与の間隔は1~2週間が望ましいです。
  • 点滴に必要な時間は「1回あたり約30分」です。

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ