ホクロ・黒子・母斑

ホクロ除去

ホクロは「母斑細胞母斑」という良性の皮膚腫瘍に分類されます。
良性ですが、腫瘍であるため徐々に成長し少しずつ大きくなります。治療は原則自費診療となりますが、悪性腫瘍が疑われる等の特殊な場合では、健康保険での治療となるケースもあります。切除、縫合による昔ながらの手法の他、電気メスやレーザーを用いて焼灼して治療します。

ほくろ除去例

治療方法

切除縫縮する方法の他、電気メスや炭酸ガスレーザーを使用した焼灼の方法もあります。

焼灼を行った場合、患部はヤケドと擦り傷の状態になります。擦り傷は1~2週間で治りますので、治るまで軟膏・絆創膏処置が必要です。
傷そのものは1~2週間で治癒しますが、しばらく赤みは残ります。赤みは個人差がありますが数か月で自然になじみ、通常傷跡はほとんど目立ちません。

赤みのある間は紫外線対策が必要です。

関連のブログ記事一覧

2023/02/01
【jobikai】に「スキンリファインクリニック」が紹介されました。
2023/02/01
【byBIRTH】に「スキンリファインクリニック」が紹介されました。
2023/01/30
【疲労回復・若々しさの維持に】浄化濃縮エクソソーム点滴で期待できる効果を医師が解説
2023/01/27
【最新のたるみ治療機器】ウルトラフォーマーMPTとボルニューマ
2023/01/06
【SRCより新年のご挨拶/お知らせ】
2023/01/06
加齢による顔コケ・たるみに「ヒアルロン酸リフト」という新しい選択肢
2023/01/06
<顎がない・顎や頬が平ら>ヒアルロン酸注入で横顔の悩みを改善に導く
2023/01/05
<エクソソーム・ビタミンなど>クリニックで受けられる美容注射・点滴の種類と期待できる効果
2023/01/05
今注目の幹細胞培養上清液点滴で品質の差や効果の違いを見極める方法
2023/01/05
<同時に打ったらいけない部位・抗体ができる>ボツリヌス注射であまり知られてない注意点
篠原秀勝ブログ ドクターブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ