スキンリファインクリニック広尾ブログ

8月は手術の受付枠を拡大して対応致します

2015/08/07

LINEで送る

 

 

こんにちは

スキンリファインクリニック広尾 院長の橋本です。

 

headLogo

 IMG_2536

 

当院ではホームページ上には美容外科手術に関する記載をほとんどしておりません。

基本的には、これまで通っていただいている方、もしくはご紹介の方のみ、手術を行って参りました。

 

スキンリファインクリニックは手術に関してもエキスパートが揃っております。吉祥寺の篠原院長は形成外科専門医として長年、繊細な手術を行ってきたドクターです。

広尾の院長の私は、形成外科医として修行したのちに美容外科専門医として数多くの手術を行ってまいりました。

 

広尾では、すべてのお客様を院長の橋本が診察し、担当します。非常勤のドクターが担当することは一切ございません。

手術日を設けて受付を丸一日ストップしているわけではなく、カウンセリングや処置を行いながらご予約いただいている方の手術を行っております。そのため、限られた方のみに手術をご提供させていただいております。

 

 

「可能な限り最先端の美容医療で、手術を回避する。もしくは、手術以上の仕上がりを追求する」 これは我々が常に目指しているところです。

 

しかし、中にはまだまだ手術的な治療を行わないと起こすことができない変化というものが存在します。 重度のタルミで皮膚を切り取らななければならないようなケースや、鼻の形を変えたり、二重まぶたをつくりあげたりする、いわゆる美容整形的な手術がそれにあたります。

 

我々はこれまでの経験を生かして、「最先端の美容医療を提供しながら、なるべく手術を回避する。それでも手術的な変化をご希望のケースには最高の手術技術も提供する。」 

最高の美容医療を追求した結果、このスタイルという結論に達しました。

 

手術をご希望いたただいた方に対しても、一例一例、全力で最高のクオリティを目指します。 そのため、1日の手術件数は余裕をもって集中して手術ができる件数に制限してきました。

ところが、ありがたいことに、口コミやご紹介などで、7月は手術の件数が急増しました。 夏休みに入ったことも大きな理由かと思います。ホームページ上に、手術に関する記載が全くないにもかかわらず、ご希望いただいた方には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

広尾ではなぜか、鼻のプロテーゼ、小鼻縮小、鼻尖軟骨移植、鼻尖縮小と、鼻の手術が多い7月でした。 

 

8月に入りましても、春先と比べまして多くの手術相談のご依頼を頂戴しております。「どうしても夏休み中にやってほしい」というご要望が多いため、8月の手術枠を拡大して対応させていただくことに致しました。

美容外科手術に関するご相談はどんなことでも、お気軽にご相談ください。 メール相談も受け付け中です。

 

二重(目元のみ)

 

この写真は先日、当院で手術を受けていただいた男性です。 我々が美容外科手術で意識するところは、「お客様のご希望通り」 という点です。 当たり前だと思われるかもしれませんが、美容外科手術では最も重要なことです。

カウンセリングではとことん「ご希望」についてお互い話し合って追求します。 私とお客様の間で、仕上がりのイメージが共有でき、かつその仕上がりが「ご希望通り」となった時点でようやく手術が可能となります。

 

たとえば、このお写真の二重まぶた手術の例では、はじめのご希望は 「幅広平行型の二重まぶたにしてほしい」 というものでした。

シミュレーションを行うと、当初ご希望されている、「かなり広い幅での幅広平行型」では、目頭側の皮膚の引き連れ(モウコヒダ)により自然さが失われるラインでした。また、男性にしては幅が広すぎると感じられることから、「ご希望を変更する」ことをご提案しました。

 

「結果的にはやや広めの幅の平行型。目頭切開が必要のない幅まで狭めながら、かろうじて平行風を維持する」 という私が提案したラインでイメージを共有でき、手術を行いました。(右側の写真)

方法は埋没法4点止めです。

 

もちろん、初めに言われたご希望通りに仕上げることも可能でした。その場合は目頭切開を行いながら部分切開法を併用した埋没法で留める。もしくは、目頭切開法に全切開法を併用する方法を選んでおりました。それだけしっかりとした方法を行わないと当初のご希望のラインには仕上がらないからです。 しかし、重要なことは、目頭切開や全切開法は基本的には元に戻すことが困難な手術です。

 

いざやってみて、「やはり希望と違った」 となってしまった場合に取り返しがつかないということになるということです。 カウンセリングに十分な時間が取れない、もしくは時間をとったとしても自分の希望をドクターのイメージが共有できない場合には常にこのリスクが残ります。いざ、シミュレーションをしてお見せした時の、「しっくりきている」リアクションをしているかどうかという、空気感を読む力もドクター側には必要です。

 

私は基本的には相談の当日にそのまま手術を行うことをお勧めしておりません。 まず、ご希望を伺い、そのご希望通りにもし仕上げたときに、考えられる不具合はあるのか。そして、そのご希望通りに仕上げるために必要な方法はなんなのかをお伝えします。 それをお話しすると、「それではこうします」とご希望を変更されるお客様も少なくありません。 

 

自分が希望していた変化をすると、そんなことが起こってしまうのか。 そして、変化するにはそんな方法を取らなければならないのか。 という想定外の事実を知ることで、希望が変わることが多いということです。

 

「自分の希望の形」 というのは、たいていの場合はそう簡単に決めたわけではありません。鏡を何度も見て「こうなりたい!」。もしくは、芸能人の写真を何枚も見て「こうなりたい」と時間と労力をかけてたどり着いているケースが多いものです。

 

カウンセリングによって事実をお伝えし、「急遽変更したご希望」 というのはまだまだイメージが固まっていないことが多いのです。 そのまま当日に手術を行って、「やはり、もともとの自分の希望を突き通せばよかった」 なんてなってしまったのではやり切れません。 まして、元に戻すことが難しい方法で手術を行ってしまっていたら非常に残念な結果です。後悔しかありません。

 

「お客様の仕上がりのイメージとドクターのイメージが100%一致し、かつそれが最も理想的と思われる形」 という状態に持っていくのはとても困難です。 しかし、イメージの100%一致は不可能だとしても、最後まで100%一致に近づける努力はしなければならない。そう思っています。

 

私が、1日に何十件も手術を行う美容外科医というスタイルを辞めて、現在のスタイルに変更した理由もここにあります。

 

 

 

スキンリファインクリニック広尾  
http://skinrefine.jp

ドクター直通無料メール相談はこちら。 遠方の方は事前メール相談のうえで、来院当日の手術をお引き受けする場合がございます。ぜひご利用ください。
skinrefine.ht@gmail.com

ご予約フリーダイヤル 
0120-440-138 

 

 

 

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595