スキンリファインクリニック広尾ブログ

数ある医療痩身マシンの中でヴァンキッシュがNo.1の理由

2016/05/19

LINEで送る

 

こんにちは

スキンリファインクリニック広尾、院長の橋本です。

 

IMG_2536

先日の5月17日、18日と東京都内で行われた日本美容外科学会に参加してまいりました。

学会参加のために、休診をさせていただいき、ご不便をおかけしてしまいましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 

さて、今回の学会でも、医療痩身系のマシン、つまり 部分やせ をおこすマシンの展示が多い印象を受けました。

img02

当院で好評の ヴァンキッシュ 【Vanquish】 も、もちろん展示されておりました。

 

誰もが認めるこの業界のオピニオンリーダーの一人、みやた形成外科の宮田先生も医療痩身マシンの講演を『スカルプシュア』という新しいマシンを中心に発表していらっしゃいました。

私が宮田先生の発表を拝聴した感想としては、宮田先生の見解としてはクールスカルプティングが最も販売台数も多く、一番人気。2番手以降に大きく差をつけている現状認識を持たれているように感じました。

スポンサーセミナーでしたので、その後はほとんどがスカルプシュアという新しいマシンについてのお話でした。スカルプシュアに関してはまだまだ新しいマシンですので、未知数といった印象をうけましたが、やはりおなか周りの引き締め、脂肪除去に関してはヴァンキッシュに勝るマシンは未だ登場していないと再確認することができました。

 

アメリカの医療痩身系のマシンの満足度はヴァンキッシュよりもクールスカルプティングやスカルプシュアの方が上だという発表でしたが、私もこの数字は本当だろうと感じています。

おそらく、日本国内で同じようなアンケート調査を行ったとしても同様の数値となるだろうと思います。

しかし、これらのアンケート調査で大きく欠落しているのは 『どのクリニックでやった治療なのか』 という点が全く考慮されていないということです。

 

私は学会に出席して様々なマシンに触れ、その成果についての発表を拝聴するたびにいつも思うことがこの点です。

美容医療の領域は様々な高性能マシンが続々と登場してきています。重要なことはその高い性能を最大限にちゃんと発揮しているクリニックなのかどうかということですが、この点の議論が全くなされることがありませんし、お客様も意外と気にしない方がほとんどです。

 

例えば、先日私は胃カメラの定期健康診断を受けてきました。胃カメラは以前の物と比べると太さもかなり細くなり、最新式のものはかなり画像も鮮明で、特殊な光を出してわずかな症状の変化も捉えられるように進化しています。

もちろんこの最新式の内視鏡をおいているクリニックの方が,旧式の内視鏡しかないクリニックと比較すると一つ上のグレードの診療を行ってくれる可能性はあるわけですが、大切なのはその内視鏡を扱う医師の技量がちゃんとしているかという点です。そもそも初歩的な技術不足として、胃に到達させるまでが大変な苦痛を伴うようでは話になりません。とても次回も同じところで定期的にやろうと考えません。

胃までの到達がスムーズで全く苦痛がなかったとしても、鮮明な画像と特殊な光によって胃の中を観察することによって大幅に増えた情報量を最大限に診断に生かす知識と経験をもちあわせていなければ、素晴らしく進化している胃カメラの「宝の持ち腐れ」です。 進化した性能を生かし切れていないことになります。

 

美容医療のマシンでも全く同じことが起こっているのですが、「〇〇〇」というマシンをやったけどダメだった。 という口コミやご意見をよく耳にします。

当院にいらっしゃっていただくお客様からも、「〇〇〇」というマシンを他院でやったけどいまいちだった。 全く効果感じなかった。 というご意見をお聞きすることがとても多いですが、私は必ずその治療を受けたクリニック名も差し支えなければ必ず伺うようにしています。

マシン名のみでそのマシンの評価を下すこと自体が間違いで、あくまで 『マシン名+クリニック名』 で評価することが大切です。

 

話を医療痩身の話に戻しますと、 ヴァンキッシュというマシンは特にそのマシンを扱うクリニックによって大きな差が生まれるマシンです。 大きな差があるにも関わらず、効果的な照射方法を習得していないクリニックで治療を受けただけで、「ヴァンキッシュというマシンは効かないよね」 とマシン自体の評価を下すことができません。 マシンの性能を最大限生かした照射方法で行ってはじめて、そのマシンの評価が可能になります。

特にヴァンキッシュというマシンは通常、推奨されている照射方法で照射しても全くといっていいほど結果がでません。 

国内でも効果的な照射方法でしっかりと行っているクリニックは数件しかないと推察しています。こういった現状では全国的な「ヴァンキッシュ満足度」という調査を行えば、効かないという口コミが多数集まって当然評価は悪くなります。

逆に、医師の技量にあまり依存しないマシンの方が口コミは良くなる傾向になります。

 

医師からしても医師の技量にあまり依存しないマシンの方が、マシンが勝手に結果を出してくれるわけですから楽です。 それでも私があえて手間のかかるヴァンキッシュを導入した理由は、技術を駆使すれば他のマシンには絶対に到達できない素晴らしい結果を出すことができるマシンだからです。

結果にこだわり続ける我々が故の結論です。

 

私がヴァンキッシュが他の医療痩身系マシンと比べて優位だと考えている点は

1.非接触タイプであること

 他の機種はほぼすべてが体表面に接触する、もしくは吸引して挟み込んだ状態でエネルギーをかけていくタイプのものです。しっかりと接触する必要があるため範囲が限られる点と、クールスカルプティングはそもそもしっかりと吸引してつまめるぐらいの脂肪がなければ施術すらできません。

 海外の方は比較的照射不可の方は少ないですが、日本では海外の方のように大きく脂肪がついている方は実はそれほど多くありません。ヴァンキッシュは体には一切接触せずに、治療できますので、効果の面でも、照射中の負担という面でもヴァンキッシュが勝っています。

2015.04-horzリサイズ

 この写真は当院でヴァンキッシュの治療を受けて頂いた中でも細身の方ですが、ヴァンキッシュの治療によりさらにくびれもハッキリとして、おへそ周りも引き締まっています。クールスカルプティングでは治療は不可能だと思います。大きくボリュームのある海外の方よりも、より日本人向けのマシンと考えています。

 

2.広範囲を同時に治療可能

 他機種は一度に治療できるエリアはヴァンキッシュと比べてもかなり狭い領域です。これも接触はせずに、大きなパネルをかざしているだけであることが可能にしているメリットです。おへそ周り全体、サイドのくびれの位置、さらに腰のあたりの脂肪までかなり広範囲に引き締まります。

 

3.たるみを生じにくい

 高周波を用いますので、皮膚自体にもハリがでることが多い機種です。例えば、下の写真は当院でのモニター様で治療前と治療後1ヶ月後の経過です。大きくサイズダウンしておりますが、たるむどころか、皮膚はむしろハリがでているように感じます。

 

 

正面治療前後.jpg リサイズ

 

 

4.おなかを冷やすよりも温める方がよいと感じる方が多い

 当院でヴァンキッシュを受けて頂いた女性からは、「冷え性が解消した」 「便秘が解消した」 「普段は汗を全くかかないが、かなりの汗をかいた」 というお声をいただきます。 体の中心のおなかを冷やすことの弊害は治療中の不快感だけではない可能性を感じています。

 

 

今回の学会でも事前に綿密に調査して、気になっていたマシンをしっかりと見ることができました。実際に導入して稼働していらっしゃるクリニックの先生の講演とその先生の照射方法も伺うことができました。

私が新たなマシンを導入する際に重視するポイントは、まず第一に 『安全であること』 です。

そして、2番目に重視する点はそのマシンの効果がでるメカニズム(原理)と、現実にその目的を自らのテクニックを駆使してどこまで達成できる可能性を秘めているかどうかです。

一般的な口コミや少数のドクターの評価や感想は参考程度にお聞きして、あえて重視しないようにしています。

大切なのは『マシンが持つポテンシャルとそのポテンシャルを自分がどこまで引き出せそうか』

 

例えば当院で現在大ヒット中の エンディメッド・プロ・マルチというマシンがあります。 タルミ治療、引き締め治療のマシンで、当院導入前のこの業界内での評価はとても低いマシンでした。

もっと素晴らしい効果を発揮できる可能性があるマシンが、その性能を十分に発揮されていないために低い評価にとどまっている良い例でした。

 

現在では当院では1台追加購入して、2台で稼働中。 さらに吉祥寺院へも追加導入を行い、3台体制で治療を行うほどの人気機種となっています。

 

今回、我々が新たに導入するマシンもなかなかのマシンです。タルミ・引き締め治療のマシンですが、このマシンを最大限利用すればとてもお客様に喜んで頂けるご提案の選択肢が増やすことができると確信して導入しました。

現在、鋭意準備中ですので新メニューのご紹介まで今しばらくお待ちくださいませ。

 

LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595