LINEで送る

ニキビ

ニキビの原因は大きく3種類に分類されます。 ①皮膚の代謝の乱れ、②皮脂の分泌過剰(ホルモンバランスの影響)、③アクネ菌(皮脂の性質)の影響

①皮膚の代謝の乱れによるニキビ

皮膚の表面は表皮です。表皮は28日周期で入れ替わるターンオーバーを日々繰り返しています。(ターンオーバーは加齢により延長します)毛穴から分泌される皮脂は皮膚表面を皮脂膜という膜でコーティングしています。毛穴が詰まると出口を失った皮脂が毛穴の中に蓄積し、面皰(白ニキビ)を形成します。毛穴が詰まるという言葉から、汚れやメイクの残りが出口をふさいでいるとイメージする方が多く、洗顔をし過ぎてしまう方もありますが、この方法は誤ったものです。実際には毛穴は塞がっているのではなく、閉じている状態です。

皮膚の代謝の乱れによるニキビ

洗顔をしても、この毛穴出口が閉じている状態が改善されることはありません。過剰な洗顔により、皮膚表面の皮脂は減少しますので、皮脂腺は乾燥を改善するため余計に皮脂を分泌しようと活発になります。つまり、過剰な洗顔は効果がないばかりでなく悪循環を助長します。 毛穴が閉じてしまうのは、ターンオーバーの乱れ。スムーズに角質細胞が入れ替わることができず、蓄積してしまい、角質層が肥厚(厚くなる)してしまうことが原因です。

皮膚の代謝の乱れによるニキビの治療法

角質層の肥厚を減らし、新陳代謝を整える

②皮脂の過剰分泌(ホルモンバランスの影響)によるニキビ

思春期前の学童ではニキビはできません。毛穴が目立つこともなく、皮脂の分泌も実際殆どありません。第2次性徴期に性ホルモンの分泌が亢進することにより、はじめて皮脂腺の活動が活発になります。男性ホルモン、テストステロンの影響により皮脂分泌は促進されます。また黄体ホルモンの過剰分泌、プロラクチンの分泌過剰などの影響がベースに存在する場合もあります。これら皮脂の過剰な分泌、皮脂腺の活動が過剰なこともニキビの原因となります。

皮脂の過剰分泌(ホルモンバランスの影響)によるニキビの治療法

皮脂分泌を抑える
ホルモンバランスを整える

③アクネ菌(皮脂の性質)の影響によるニキビ

ニキビ菌(アクネ菌)や表皮ブドウ球菌による細菌感染。最近により皮脂が分解されると、その分解成分により毛穴周辺の組織に炎症が生じます。またこの時に活性酸素が生じることも組織の炎症に関与しています。ニキビ菌や表皮ブドウ球菌は常在菌であり、誰にでも存在します。ニキビのできやすさ、できにくさにはニキビ菌の性質と共に、皮脂の性質によっても毛穴に与える炎症の程度は変わります。

アクネ菌(皮脂の性質)の影響によるニキビの治療法

殺菌する
皮脂の性質を改善
LINEで送る

  • 美ST美容医療ドクター大賞
メディア掲載実績

銀座の美容皮膚科
スキンリファインクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F

銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩約1分、

日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点 不二家の看板が目印のビル アクセス方法はこちら

tel 0120-661-062


広尾の美容皮膚科
スキンリファインクリニック広尾

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ9F

広尾駅徒歩1分 アクセス方法はこちら

tel 0120-440-138


吉祥寺の美容皮膚科
スキンリファインクリニック

〒180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-12-9 Belle Blanc吉祥寺3F

吉祥寺駅北口徒歩5分 ヨドバシカメラ蓮向かい、西友の隣のビルの3F アクセス方法はこちら

tel 0120-556-595