【失敗例から学ぶ】美容医療施術を成功させるために気をつけたい3つのポイント

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

美容整形に対する意識がマイナスイメージからポジティブなものに変化した現在、美容施術の件数は年々増加傾向にあります。美容医療市場が成長する中で、照射施術や注入施術といったメスを使用しない低侵襲施術が増える一方、トラブルも多く、SNSや国民生活センターには施術失敗や契約問題など、さまざまな相談が寄せられています。

また、海外の美容クリニックによる美容整形も盛んにおこなわれ、インスタグラマーによる大胆で華やかな顔印象の変化に惹きつけられる方も多いことでしょう。

確かに以前よりも安価で安全性の高い美容施術は増えています。しかし「安心・安全・安価」などの宣伝文句に惑わされ、思わぬトラブルに巻き込まれては本末転倒です。今回は美容整形に多く見られるトラブル例を元に、クリニックや医師選びのポイントを医師の視点でご紹介します。

①安い金額に惑わされない

<トラブル・失敗例>

その1「広告と実際の費用が異なる」

広告の金額は「0.1cc数千円」のヒアルロン酸注入。しかし、実際にカウンセリングを受けたところ「あなたの希望するデザインは1cc以上必要」と説明されたうえ、カウンセリング代・麻酔代・針代・手技料と請求された結果、高額費用を支払うことになってしまった。

その2「モニターとして安価な手術を受けたら失敗された」

モニターとして切開二重の施術を受けたものの、明らかな左右差が生じてしまった。契約には保証制度がなく他院で高額な修正手術を受けたが、まぶたをうまく閉じられず眼科ではドライアイと診断された。

<対処法>

どちらの例も実際に多く見られる美容整形トラブルです。とくにヒアルロン酸注入の費用が量り売りの場合「0.1cc数千円〜」などの価格表記となりますが、0.1ccの注入では効果は望めません。このような費用トラブルを未然に防ぐためには、涙袋や鼻筋など希望する仕上がりに必要な注入量をあらかじめ質問すると良いでしょう。また、ヒアルロン酸製剤代のほか、カウンセリング代・麻酔代・針代・手技料といった総額の見積もりを取ることが大切です。

費用面のトラブルよりも深刻なのは手術トラブルです。とくに皮膚や骨の切開・切除をおこなった場合、修正不可能な症例や重篤な合併症も少なくありません。安価な美容整形を受ける際は、最悪の事態を想定し、納得した上で契約書にサインをしましょう。

②カウンセリングでは不安を解消しておく

<トラブル・失敗例>

その1「カウンセリングが医師でなくカウンセラー」

海外美容クリニックで美容整形を受けた際、カウンセリングは通訳がおこなった。なるべく自然に仕上げたいと伝えたが、仕上がりは理想とかけ離れた整形顔に。修正保証のあるクリニックだったが、すぐに修正することができないといわれたまま保証期間が過ぎてしまった。

その2「医師が高圧的で質問ができなかった」

初めての切開法二重術で不安なことばかりだったが、医師が高圧的で聞きたいことが聞けないまま施術となった。失敗はしなかったものの、終始不機嫌な医師だったので抜糸に行くことに抵抗がある。

その3「カウンセリングが別料金」

施術費用と別に10分単位でカウンセリング料がかかるため、細かなデザインの相談ができなかった。施術後に聞きたいことがあったが、それも別料金となるため諦めた。

<対処法>

美容施術はカウンセリングが仕上がりを左右するといえるでしょう。美的感覚には個人差があり、医師と患者の「理想の仕上がり」が一致するとは限りません。そのため海外の美容クリニックのようにカウンセラーを介するカウンセリングの場合、デザイン齟齬が生じる可能性が非常に高いため注意が必要です。

また美容施術は医師との相性もあるため、事前に口コミなどで医師やクリニックスタッフの対応などをリサーチすると良いでしょう。

カウンセリング料が不安という方はとても多く、また緊張のため質問内容や伝えたいことを忘れてしまうケースも少なくありません。対応策として施術費用にカウンセリング料が含まれるクリニックを探すこと、質問事項などはあらかじめメモしておくことをオススメします。

③臨床経験や専門資格のある医師を選ぶ

<トラブル・失敗例>

その1「安価だが当日まで担当医がわからない」

海外美容クリニックで有名ドクターの指名は高額だが、当日に手の空いているドクターであれば半額といわれた。大きな美容クリニックだったので当然、すべてのドクターが外科医だと思っていたがそうでない医師もいることを後から知った。

その2「口コミは良いが専門医ではない」

SNSの美容整形アカウントやインスタグラマーの間で口コミがとても良いクリニックを見つけた。ヒアルロン酸注入を検討しているが、調べてみると外科専門医ではないよう。合併症のトラブルなどを考えると施術を受けるか迷ってしまう。

その3「医師の口コミが2つに分かれる」

美容整形を検討するクリニックの医師の評判が両極端に分かれる。専門医ではあるが仕上がりが良いという口コミと悪いという口コミ、どちらを信じればいいのか悩んでしまう。

<対処法>

国内において医師免許があれば、誰でも美容整形医を名乗ることができます。もちろん生まれつき技術力と美的センスを持ちあわせる天才は存在するかもしれません。しかし、現実的には医療技術や美的センスは長く険しい基礎を修行し、勉強したあとに身につくものだと思います。施術中に生じた思わぬトラブルも、解剖学の知識や臨床経験があれば冷静に適切な処置をおこなうことができるでしょう。

昨今ではSNSなどの口コミによって、クリニックや医師を選ぶ方が多くいらっしゃいます。しかしこれらの口コミの真偽は、実際にクリニックで施術を受けないことにはわかりません。まずは症例写真などの仕上がりをチェックし、理想の仕上がりに近いのであればカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

スキンリファインクリニックの美容医療施術

スキンリファインクリニックでは、低侵襲とされる注入施術もすべて経験豊富な専門医が丁寧にカウンセリングと施術をおこないます。当院でご用意するすべての美容施術の疑問や仕上がりについて、いつでもご相談ください。

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック