今注目の幹細胞培養上清液点滴で品質の差や効果の違いを見極める方法

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

幹細胞培養上清液点滴(エクソソーム点滴)とは

幹細胞培養上清液点滴とは、ヒト幹細胞培養液の上澄み液を利用した薬剤です。幹細胞培養・増殖の過程には、さまざまな成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが培養液の中に大量に放出されます。幹細胞培養上清液に幹細胞そのものは含まれていませんが、これらの放出物は高いエイジングケア効果をもつとされています。

幹細胞培養上清液点滴は、成長因子・サイトカイン・エクソソームなどを濃縮した幹細胞培養上清液を点滴することにより、シワやシミ・発毛など総合的なエイジングケア効果をもたらし、心身ともに若々しい印象へと導く美容医療です。

幹細胞培養上清液のもつエイジングケア作用と安全性の高さにより、現在では美容医療だけでなく化粧品など幅広く利用されています。

幹細胞培養上清液点滴(エクソソーム点滴)について詳しくはこちら

幹細胞培養上清液とエクソソームは別物か?

幹細胞培養上清液点滴を「エクソソーム点滴」と表記する医療機関も多く見られます。エクソソームとは直径30〜100nmほどのカプセル状の小胞(膜小胞)であり、生体内で脂質やタンパク質、RNA(マイクロRNA)などを運ぶ細胞間伝達媒体のことです。細胞培養液に多く含まれるほか、私たちの血液や尿などにも存在しています。

幹細胞培養上清液にはエクソソームが多く含まれていることから、一般的にエクソソーム点滴、またはエクソソーム濃縮点滴などと呼ばれますが、いずれも幹細胞培養上清液を表します。

幹細胞培養上清液=エクソソームではなく、幹細胞培養上清液はエクソソームを含め、成長因子やサイトカインが豊富なエイジングケア薬剤といえるでしょう。

幹細胞培養上清液は製剤ごとに品質が異なる

幹細胞培養上清液を使用した製剤は現在、さまざまなメーカーにより製造・販売されています。そのためメーカーごとに研究開発力や製造設備は大きく異なるでしょう。点滴輸液として使用される場合、厳重に管理された施設内において衛生面やウイルスチェックなどがおこなわれています。しかし必要な安全管理がなされず、過度に希釈された製品もゼロではありません。

ウイルスや雑菌混入の恐れがある粗悪な幹細胞培養上清液を体内に取り入れた場合、感染症や蕁麻疹・発熱などのリスクが挙げられます。幹細胞培養上清液点滴を検討する際、相場とくらべ、著しく低い価格の場合には注意が必要です。

安全性や品質の高い幹細胞培養上清液点滴(エクソソーム点滴)とは

現在、幹細胞培養上清液は化粧品などにも多く使用されています。自身の脂肪から抽出する幹細胞治療のように、幹細胞そのものは含まれていないため品質管理等は各メーカーに委ねられているのが現状です。しかし、体内に直接取り入れる点滴輸液とする際は、安全性と品質の高い幹細胞培養上清液を使用する必要があります。

有害物質や不純物が除去されている

これまで幹細胞培養時、細胞からアンモニアなどの有害物質が放出されることは知られていませんでした。そのため多くの幹細胞培養上清液は有害物質や不純物の含まれた状態で流通していたといわれています。現在、高品質な幹細胞培養上清液はこれら不純物の浄化・除去がなされ、安全性の高い製剤といえるでしょう。

サイトカインや成長因子の含有量が多い

粗悪な幹細胞培養上清液の中には培養液を何倍にも希釈し、エクソソームやサイトカイン・成長因子がほとんど含有されないものがあるといわれています。高品質な幹細胞培養上清液は濃縮技術により重要な有効成分の含有量を高めていることから、効率の良いエイジングケアが可能です。

ドナー情報が明らかなヒト由来幹細胞を使用している

点滴に使用される幹細胞培養上清液は、ヒト由来幹細胞をもとに作られています。高品質な幹細胞培養上清液であれば、感染症対策として細胞を採取するドナーの血液検査を数回に分けておこないます。幹細胞培養時にもウイルス検査をおこなうなど、徹底した細胞管理の下、複数回の検査をクリアした安全性の高い幹細胞培養上清液といえるでしょう。

製造環境が徹底管理されている

安全性が高く高品質な幹細胞培養上清液とは、ドナー情報・各検査工程のクリアはもちろん、製造環境が大きく関わります。相場価格を大きく下回る幹細胞培養上清液の場合、製造環境が不明、またロット毎の製品管理がなされていない、というケースがあるため注意が必要です。

当院の「浄化濃縮」幹細胞培養上清液

当院の幹細胞培養上清液点滴に使用する製剤は、浄化濃縮タイプの幹細胞培養上清液です。有害物質や不純物を徹底的に浄化・除去したうえで、エクソソームや成長因子、サイトカインなどの有効成分の濃度が高められています。

使用する幹細胞はすべての感染症・細菌検査をクリアした、日本人女性ドナーの提供によるものです。幹細胞採取前・培養中・培養後まで国内研究所内で一元管理された幹細胞培養上清液のため、安全性の高い点滴治療を受けていただけます。

幹細胞培養上清液点滴中にハイフやヒアルロン酸注入など、他の施術をおこなうことも可能です。体内と肌、同時のエイジングケアは、より若々しい印象を引き出すでしょう。幹細胞培養上清液点滴の安全性や効果、また併用可能な施術についてのご相談は当院へお任せください。

※幹細胞培養上清液点滴を受けた方は献血が不可となります
※当院の幹細胞培養上清液点滴は医師の責任において使用する未承認医薬品です

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ