電話で予約

メールで予約

異所性もうこ斑

異所性もうこ斑

概要

アジア人では、おしりに蒙古斑という青あざが生まれつきあります。
成長とともに徐々に薄くなっていくのが一般的ですが、時に大人になっても残存している場合や、おしり以外の場所に蒙古斑がうまれつき存在する場合があります。これらは、真皮内のメラニン色素沈着であり、レーザー治療により改善することができます。

治療方法

色調、濃さによりますが、アザの治療では通常複数回の治療が必要です。
レーザー治療後は、ヤケドの状態になります。ジュクジュクしたり、水ぶくれのヤケドになることは非常に稀で、多くの場合皮膚が、黒く濃く変化するのみです。
ヤケドそのものは1~2週間程度で、一皮むけて治ります。ヤケドが治った直後に色が薄くなることはありません。

実際に色調が落ち着くためには、レーザーの炎症がおさまる、言い換えれば、皮膚が完全回復するのを待つ必要があります。
およそ3か月~6か月で、皮膚の状態は落ち着きますので、その時点でまだ色素の残存があれば次のレーザー治療を行います。
治療期間中は紫外線に充分気を付けて下さい。

篠原秀勝ブログ 橋本聡ブログ 藤林万里子ブログ
新行内芳明ブログ 森大ブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F