プラセンタ

プラセンタとは胎盤を意味する言葉です。
胎盤(プラセンタ)は胎児に栄養を与え、発育を行う組織で出産後母体から娩出されます。胎児の成長を促すために、各種の成長因子や酵素が豊富に蓄えられています。胎児は子宮の中で、受精卵という精子と卵子が合体した細胞のかたまりから、細胞分裂を繰り返して成長します。この細胞分裂は胎児が出生するまでの約10か月の間、数億回行われます。そして人体を構成する数兆という細胞に一つの細胞は成長します。
この成長を促し、活性化、調整、制御するもの。それが成長因子、グロースファクターと呼ばれるものです。この成長因子は母体から供給されるものありますが、多くは胎盤(プラセンタ)で作られます。母親が仮に低栄養状態にあっても、胎児が成長できるのはこのプラセンタの働きによります。
各種成長因子は細胞分裂を促進するだけでなく、不要な老廃物や老化した細胞を排出、入れ替える作用も持ち合わせています。プラセンタに含まれるこれらの各種成長因子の作用により様々な美容効果と健康効果、そして精神衛生面でも効果を得ることができます
 

  • 疲労回復効果
  • メラニン産生を抑えることで美白効果
  • 皮膚の繊維芽細胞の増生による皮膚のハリが増し、しわ・たるみの改善効果
  • 血行促進により、新陳代謝の改善、皮膚の若返り促進効果
  • 変形性膝関節症など慢性的な関節の痛みの緩和
  • 免疫力を高めることで風邪などの感染症の予防効果や花粉症などアレルギー疾患の症状緩和効果
  • 自律神経(交感神経と副交感神経)のバランス調整により、鬱などのメンタル症状の緩和
  • 肝機能改善、更年期などホルモンバランスの乱れ緩和する効果もあり、この種類の病気のある方は症状により、健康保険も適応されます。

ケロイドやニキビ跡などの傷跡は、本来普通の傷跡(正常に近い肌質)に治るべきところが、傷跡細胞(瘢痕組織)が異常増殖したり、きちんと創傷治癒がおこなわれず細胞の修復過程に乱れが生じている状態とも言えます。このような傷跡に対して繰り返し、プラセンタを注入することで、異常な代謝、修復状態を正常に近づけていく事もできます

当院ではケロイドなどの特別な場合を除き、原則、顔への注射はおこなっておりません。

篠原秀勝ブログ ドクターブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック