皮膚悪性腫瘍

もっとも多いのは境界病変(もともと良性だが、細胞が変化を起こし悪くなりつつあるもの)です。
すでに悪性化しているものの多くは 基底細胞がん(BCC)と呼ばれるもので、BCCの多くは予後良好です。

扁平上皮癌(SCC)とよぼれるものも、たまに見られます。こちらはBCCよりも、予後不良なことが多く、治療後も定期健診が重要です。
メラノーマというほくろの癌、そのほか様々な皮膚悪性腫瘍があります。
これらは、レントゲン、CT、超音波検査など、全身の検査、入院が必要となる病気です。
万が一、これらの症状が疑わしいときには連携病院、大学病院などへご紹介いたします。

篠原秀勝ブログ ドクターブログ

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック