電話で予約

メールで予約

SRC式ヒアルロン酸注入。お得なモニター募集【終了】

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック銀座 院長
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

hyal

目の下や、頬のコケ、こめかみのくぼみ、ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン。年齢とともに顔の丸みは減り、凹凸が目立つようになり、老けた印象と同時に疲れた印象を与える顔貌に変化がすすみます。凹んでいる部分に適した性質のヒアルロン酸製剤を適した量、注入することで、顔の凹凸、影が目立たなくなり、元気で若々しい印象に代わります。

年齢とともに真皮のコラーゲンが減少し皮膚は緩みます。皮下脂肪の移動(下垂)が生じ、表情筋は薄くなり、部分的に拘縮と言って硬くなります。骨に近い顔の深部にある一部の脂肪は特殊な性質を持っており、体重の増減の影響をほとんど受けません(ご本人が太ったり痩せたりしてもあまり変化しません)。バッカルファットやメーラーファット、眼窩脂肪は年齢と共に減少する宿命にあります。また、頭蓋骨は年齢と共に委縮と言って痩せて、変形していくことが分かっています。年齢に伴うこれらの変化を考慮して、適した部分へヒアルロン酸を補うことが自然で綺麗な仕上がりに欠かせません。凹んだ部分に注入すると書きましたが、凹みとは全く関係ない離れた部分に注入することで、影を目立たなくするテクニックが【これからのヒアルロン酸注入】の肝になります。

ヒアル

この方の場合、ぱっと見た感じでは何処がどのように変わっているのか、わかりにくいと思います。しかし、印象としては右の注入後の方が若く見えると思います。

ヒアル斜め

注入部位のメインはコメカミ、目の下、【ほほ】。ほうれい線にはほとんど入っていません。また、口角の部分、いわゆるマリオネットラインには全く注入していません。微妙な変化ですが、マリオネットライン、口角横のもたつきが改善して見えるのは注入によって、皮膚が全体的にリフトアップしている作用によります。

様々な影が薄くなることで、本人のアイデンティティー(個性)は変わらずに見た目の【若さ】【元気さ】が変わります。従来、ヒアルロン酸注入はボリューマラゼーションと言って、凹んでいる部分にある程度の量を注入する方法が主流でした。この方法でも影は消え、若さや元気さが得られますが、【ヒアル顔】と揶揄される不自然な印象を伴う事が多いです。

その不自然なヒアル顔を払拭するために、年齢に伴う顔面の解剖学的変化、構造的変化に注目し、新たな注入部位の検討がここ数年で一気に加速しています。MDcodes、トゥルーリフト、他にも様々な注入理論が構築され、多くのドクターに普及しています。これらのキードクターは外国人医師がほとんどです。日本でも注入治療で高名なドクターは存在しますが、理論を構築するというよりも、そのドクターのゴッドハンド、センスが評価されているように思います。

ただ凹みに注入する時代は終わり、年齢による【解剖学的変化】を土台から改善しようというのがこれからのヒアルロン酸注入です。上のお二人は50代、60代の方ですが、ヒアルロン酸注入は実は早くから始めることで、たるみを予防できる可能性が高いことが分かってきました。また骨萎縮や靭帯のゆるみを遅らせてくれる可能性も考えられています。

それぞれの注入理論にはメリットもデメリットも存在します。国内外で様々なキードクターと広く交流を深め、直接デスカッションを重ねてきました。そうして【SRC式ヒアルロン酸注入】は洗練されてきました。現段階で、個人に合わせた最高のリファインメントを提供できると自信を持っていますが、今後もリファインを重ねていきます。

SRC式ヒアルロン酸注入、非常にお得な目隠しモニター募集しています。写真の提供にご協力いただける方は、この機会をお見逃しなく。

※9/27追記、おかげさまで大変多くのモニター様にご協力頂いております。残り3名で定員とさせて頂きます。宜しくお願い致します。【終了しました。ありがとうございます】

ツイッター始めました。ブログとはまた違った角度で情報発信しております。ぜひフォローお願いします!https://twitter.com/src_ginza

QR_Code1504070563

スキンリファインクリニック銀座

0120-661-062 info@skinrefine.jp

11時~19時 火曜・金曜休診

Infomation

スキンリファインクリニック銀座

篠原医師がいる
スキンリファインクリニック銀座

  • 銀座院の施術の様子や
    最新情報はSNSをチェック

関連のブログ記事一覧

ヒアルロン酸についてもっと詳しく

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

  • 銀座院
  • 広尾院
  • 吉祥寺院
銀座院
0120-661-062
診察時間:11:00-19:00
休診日:なし
銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印
広尾院
0120-440-138
診察時間:10:00-12:30、14:00-19:00
休診日:木・日
日比谷線 広尾駅1番・3番出口徒歩1分
吉祥寺院
0120-556-595
診察時間:11:00-19:00
休診日:水・日
吉祥寺駅北口徒歩5分、西友の隣のビル3F