どうして今【プラズマ・ネオジェンスパ】がニキビやアトピーに最適なのか②

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

前回はこちらです⇒どうして今【プラズマ・ネオジェンスパ】がニキビやアトピーに最適なのか①

大学病院の諸先輩や開業医仲間、実験室での研究を生業とする生粋の研究者の方など、有難いことに本当に多分野の多くのドクターと情報交換をさせていただいています。

ニキビ治療というものは奥が深く、いまだに解明できない現象が数多く存在しています。僕らのような臨床医、大学などの研究医、実験室の科学者の先生など見る角度が異なる、ぞそれぞれの見解は非常に興味深く、そこで生まれるアイデアや意見も参考になることが沢山あります。ニキビの原因は【ニキビ菌】だけにあるのではなく、角化異常という現象も重要なキーになっていることを前回書かせていただきました。

en18814-002 copy

角化異常、すなわち【毛穴詰まり】が起こるメカニズムは完全には解明されていません。しかしながら、わかっている重要な結果、事実の一つがニキビ発生時には毛穴内部が嫌気状態になっているということです。嫌気状態とは酸素がない状態をいいます。もともとニキビ菌は嫌気性菌という酸素がある環境を好まない性質を持っています。嫌気状態になって初めてその勢力を拡大できる集団なのです。夜行性で陽の当たる場所を好まない動物とでも言いましょうか、普段は皮膚の奥深い部分、毛穴の奥にひっそりと潜んでいるのです。

毛穴が閉ざされ酸素が中に入り込めなくなった時、洞窟に完全な暗闇が訪れた時にニキビ菌は嬉々として分裂・増殖を行います。毛穴にはニキビ菌にとって大好物の皮脂という餌が無尽蔵に湧き出る皮脂腺も存在しているわけで、格好の生息場所となります。逆に言えば、そういった環境や菌の性質により必然的に棲み分けが生じているといっても良いでしょう。ともかく、菌を抗生物質で殺菌しようという試みは、もはやナンセンンスでしかなく、この角化異常という【毛穴詰まり】の予防・改善が目指すべき重要な方向性、ゴールの一つと考えられ、様々な方法が研究、開発されているわけです。

毛穴詰まりと聞くと多くの方が誤解されていますが、ワインのコルク栓やお風呂の栓のように蓋が穴に【はまっている】のではなく、ほとんどのケースで自分自身の角質細胞の異常増殖が詰まりを形成しています。さらに重要なことは洗顔でこの異常角質を完全に取り除くことはできないということです。昔の顔を洗えば良いという荒療治が、治療につながらないのはこの理由です。

プラズマ【NeoGenSPA】が大変有効な理由の一つは、この毛穴詰まりを改善できる強力なピーリング効果にあります。ケミカルピーリングやハイドラフェイシャルも大変有効な治療ですが、それらと比較した場合、かなり深い部分(層)まで入れ替えることができます。フラクショナルレーザーというマシンも非常に効果的ですが、痛みや大きなダウンタイムが伴います。プラズマ【NeoGenSPA】はダウンタイムや痛みがないにも関わらず、強力な角質入替のピーリング効果を有する、このことが従来の治療と比較したときの大きなメリットの一つです。

関連のブログ記事一覧

ニキビの治療についてもっと詳しく

プラズマフェイシャルについてもっと詳しく

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック