【院長篠原の本気!】ヒアルロン酸注入 メスを使わずここまで変化〜エイジング治療編〜

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

ヒアルロン酸注入による形成術に対して「注射だけで大きな変化はできないのでは?」というイメージのある方も多いのではないでしょうか。ところがヒアルロン酸注入は、技術力やデザインセンスのある医師が行うことで、しっかりとした形成と同時に、エイジング効果を引き出すことが可能です。

今回はスキンリファインクリニック院長の篠原秀勝医師によるヒアルロン酸形成術について、症例写真とともにご紹介します。

ヒアルロン酸注入によるエイジング治療とは

美容医療においてヒアルロン酸注入施術の歴史は約30年にもなり、製剤や注入法は進化し続けてきました。今や美容医療に欠かすことのできない施術といえるでしょう。

これまでシワの溝を盛り上げることが中心であったヒアルロン酸注入は、加齢による皮下組織の弾力低下の回復、支持靭帯の補強によるリフトアップや長期にわたり効果を保つ輪郭形成を実現可能としました。

ヒアルロン酸注入によるリフトアップの例としてはたとえば、頬骨の位置を高くするような注入法によって、余剰な皮膚が引き上がり、たるみが改善されることで、シャープなフェイスラインに整えることもできます。

ヒアルロン酸注入は施術直後より変化が分かり、また仕上がりに満足できない場合、すぐに修正可能であることも特長とされる形成・エイジング治療です。

ヒアルロン酸で改善できる老化サイン

額(おでこ) ・扁平な額
・眉上の凹み
・額の横ジワ
・軽度の眼瞼下垂
こめかみ ・こめかみの凹み
目元 ・目尻の下がり
・目尻のシワ
・鼻筋が低くなる
・鼻翼の広がり
・ほうれい線が深くなる
頬骨 ・ミッドチークライン(ゴルゴライン)の凹み
・頬のたるみ
・口元のたるみ
・ほうれい線が長くなる
あご・あご下 ・梅干しシワ
・マリオネットラインが深くなる
・二重あご  

院長篠原によるヒアルロン酸エイジング治療のビフォー&アフター

お顔全体のボリュームアップで若々しい印象に

加齢により顔の骨が萎縮し、凹みやたるみが生じた症例です。すべての注入は当院で使用するヒアルロン酸製剤カイセンス®によって行いました。使用したカイセンス®は以下の通りです。

ヒアルロン酸注入の詳細
・頬(カイセンス®ディファイン)6cc
・こめかみ・顎(カイセンス®ボリューム)2cc

柔らかなタイプと硬いタイプのカイセンス®を組み合わせ、頬の凹みに注入しました。頬骨の位置を高く作り直すことで、コケが目立つ頬がふっくらと改善されたことが認められます。また、失われた皮膚の支えを再現したため皮膚にハリが生まれ、ほうれい線が薄くなり、口元にあった皮膚のもたつきも改善されました。

骨の萎縮が目立つあご先に少量のカイセンス®を注入。あごがはっきりと浮き出ることで顔から首にかけて目立った二重あごのたるみが改善、同時にマリオネットラインの改善も認められます。

顔全体の骨萎縮による凹凸感と、たるみが改善されたことにより、若々しい印象の仕上がりとなりました。

頬の高い位置に注入してあご下のたるみを改善

頬骨の高さを出すヒアルロン酸注入法により、あご下のたるみをリフトアップした症例です。ヒアルロン酸製剤カイセンス®ディファインを以下の量で注入しました。

ヒアルロン酸注入の詳細
  • 頬 1cc/1cc
  • フェイスライン(両耳前方)1cc/1cc
  • ほうれい線 0.5cc/0.5cc

注入前の状態では、あご下に脂肪たるみが見られ、顔の長さが強調されているのが確認できます。ヒアルロン酸注入により頬骨を高く作り、頬全体をリフトアップすることで、ほうれい線を改善。あご下のたるみが引き上がったため、顔と首の境がはっきり現れました。顔の縦幅が縮み小顔となり、首もほっそりと長く見えるようなデザインです。

マリオネットラインの解消で口元をスッキリ

加齢により頬の位置が下がり、口元がたるんだことでマリオネットラインが生じた症例です。頬の高い位置にヒアルロン酸注入を行い、頬骨に高さを持たせます。使用したカイセンス®は以下の通りです。

ヒアルロン酸注入の詳細
・頬骨(カイセンス®ディファイン)1.74cc/1.27cc
・頬(カイセンス®ボリューム)0.42cc/0.25cc
・マリオネットライン(カイセンス®ボリューム)0.27cc/0.17cc
・顎(カイセンス®エクストリーム)1cc

これにより頬のたるみの原因である余剰な皮膚が引き上がり、リフトアップ効果を促します。目の下のもたつき、ほうれい線やマリオネットラインなど口元のたるみも、一度の施術で改善することができました。

また、あご先にも少量のヒアルロン酸注入を行うことで、加齢により後退したあごの骨を形成。これにより鼻先・口唇・あごを結ぶEラインが整い、若々しい横顔に仕上がりました。

頬のコケに注入してほうれい線まで改善

顔全体に見られる凹凸感を改善し、リフトアップを行った症例です。2種類のカイセンス®を以下の量で注入しました。

ヒアルロン酸注入の詳細
  • 頬(カイセンス®ディファイン) 3cc/3cc、(カイセンス®ボリューム) 0.5cc/0.5cc
  • あご(カイセンス®ボリューム) 1cc

頬のコケにカイセンス®ディファインを左右3ccずつ注入し、ふっくらとハリ感のある印象へ改善。カイセンス®ボリュームを頬の高い位置に注入し、重力で下がった皮膚を引き上げるようにリフトアップを行います。

ヒアルロン酸注入だけで、ほうれい線とマリオネットラインが薄くなり、口元のもたつき・たるみが引き上がっていることが認められます。

あご先にカイセンス®ボリュームを注入。あご先の形を整えることで顔が引き締まり、小顔でシャープな印象に仕上がりました。

当院で使用するヒアルロン酸製剤「カイセンス®」

当院で使用するヒアルロン酸製剤はすべてカイセンス®です。特許技術オキシフリー製法により、少ない架橋(添加剤)でも優れた粘弾性・隆起力をもつ安全性の高い製剤とされています。プレサイス・ディファイン・ボリューム・エクストリームと4タイプあり、それぞれ目的や部位によって適切に使い分けます。

安価なヒアルロン酸製剤の場合、十分な組織親和性がないため、表情の変化とともに柔軟に伸縮できないケースも少なくありません。これにより、不自然な表情や時間の経過とともに凹凸の目立つ仕上がりとなってしまいます。

一方、カイセンス®は組織親和性が高く、皮膚組織にしっかりと馴染みます。そのためどんな表情でも違和感はなく、自然な形成術とエイジング治療を行えるという特長があります。

形成術には医師の技術力と美的センスが大切

年々進化を続け、より安全性と効果の高い施術となったヒアルロン酸注入。しかし、いくらヒアルロン酸製剤の品質が向上したとしても、その仕上がりは施術を行う医師の技術力によって大きく左右されます。そのため、すべての医師がヒアルロン酸製剤のみで、リフトアップ効果を引き出すことはできないでしょう。

何より製剤自体が安全だとしても、注入部位や注入量を誤ることで組織壊死や失明など、重篤な合併症を生じることも少なくありません。また、一度で大きな変化を求めるために多量の注入を求めることは、さまざまなリスクが伴います。医師の推奨する注入量に従ったうえで、希望のデザインのすり合わせをしっかり行うことが大切です。

関連のブログ記事一覧

ヒアルロン酸についてもっと詳しく

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック