【ボツリヌス注射】注入する製剤量はどれくらい?確認法や部位ごとの目安

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

ボツリヌス注射の製剤量は「単位」で表します。ボツリヌス注射を受ける際、単位という言葉が聞き慣れず、自身に必要な製剤量がわからない方も多いことでしょう。今回はボツリヌス注射の基礎知識や、しっかりとした効果のために最低限必要とする部位ごとのボツリヌス単位(量)などをご紹介します。

ボツリヌス注射とは筋肉の働きを抑える製剤

ボツリヌス注射とは、筋肉へボツリヌス製剤を注入し、額やエラなどに生じた筋肉の過度な緊張をやわらげる施術です。顔の筋肉である表情筋は、さまざまな筋肉が互いに引っ張り合い、喜怒哀楽といった豊かな表情を作り出しています。しかし、まばたきなど繰り返しの動作や、加齢により引き上げる筋肉が弱まることでシワ(表情ジワ)、顎下のたるみを引き起こします。

これらの筋肉を原因とするシワやたるみは、ボツリヌス注射で改善が可能です。ボツリヌス注射を適切量・適切な部位へ注入することで、シワの少ない若々しい印象へと導きます。

適切な量の製剤を打つことが施術成功のポイント

ボツリヌス注射を受けたにも関わらず「思っていたほど効果が現れなかった」という方がいる一方で「ボツリヌス注射が効きすぎて眉が下がってしまった」など、ボツリヌス注射によるトラブル報告も少なくありません。

ボツリヌス注射において満足度の高い効果を求めるためには、シワの原因となる表情筋の位置や、拮抗する筋肉に必要なボツリヌス製剤量を見極めることができる医師を選ぶことが大切です。

またボツリヌス製剤は”筋肉の過度な緊張を抑える”といった作用機序は同じものの、メーカーごとに特徴が異なります。ボツリヌス注射を検討する際は、医師の経験やボツリヌス製剤の特徴を事前に確認するとよいでしょう。

ボツリヌス注射の追加は2週間後〜1ヶ月後に判断を

シワ改善効果が高いヒアルロン酸注入は、真皮層へ注入をおこないシワ溝を盛り上げ、施術直後より効果が現れます。一方、筋肉へ作用するボツリヌス注射に即時性はなく、3〜7日程度から効果が現れるため「ボツリヌス注射が効かない」と、不安に思う方も少なくありません。そのため効果が現れる前にボツリヌス注射の追加を希望するケースも見られ、適量を超えた結果「眉が下がる・上がる」「表情が作れない」などのトラブルを引き起こします。

ボツリヌス注射追加によるトラブルを避けるためには、効果の安定する2週間から1ヶ月程度まで様子を見ることが推奨されています。ボツリヌス注射追加を希望する際は、医師の判断に従い、起こりうるリスクを理解することが大切です。

部位ごとの製剤量目安

額の横ジワ 10単位以下
眉間 12〜14単位
目尻 18〜36単位
鼻の付け根 5〜10単位
エラ 25〜50単位
口角リフト 10〜30単位
アゴ 10単位前後
首の縦ジワ 10〜50単位
ガミースマイル 10単位前後

以下の一覧表はあくまで目安となり、医師の判断によりご自身に最適な量の製剤を注入するようにしましょう。

ボツリヌス注射の製剤量と料金表は事前に確認

ボツリヌス注射は部位によって注入量が異なります。他のフィラー(注入剤)のように、注射1本の価格表記ではなく、単位によって価格を定める医療機関がほとんどでしょう。なかには、ボツリヌス注射を数百円として料金表に記載する美容クリニックもありますが、ボツリヌス製剤1単位の価格であるケースも多いため、効果を得るためには結果的に高額請求となることも少なくありません。

また美容クリニックのホームページなどで、使用するボツリヌス製剤のメーカー記載がない場合も注意が必要です。これらは十分な臨床試験がおこなわれていないボツリヌス製剤であることも少なくありません。安全性はもちろん、効果期間が短いなどのリスクが考えられることからボツリヌス注射を受ける際は、FDA(米国食品医薬品局)やMFDS(韓国食品医薬品安全処)など、国承認の製剤を選ぶことが大切です。

当院のボツリヌス注射へのこだわり

定額で一人ひとりに適切量のボツリヌス製剤を使用

ボツリヌス注射の料金を最低量(単位)で設定する美容クリニックも少なくありません。診察時に「あなたの場合、この注入量では効果がでない」など、料金表と異なる高額な請求を受けた際は、施術を一度断わり再検討するようにしましょう。

当院では患者さまが安心して施術を受けていただけるように、不明瞭なボツリヌス注射の料金体系を排除した部位ごとの料金設定としております。決められた価格内で患者さまに必要とするボツリヌス製剤量を使用し、しっかりと効果が見える注入をおこないます。

ボツリヌス注射の啓蒙に尽力した院長篠原による施術

スキンリファインクリニック銀座院院長の篠原医師は、国内のボツリヌス注射啓蒙と普及に尽力した一人です。医療メーカーとともに、これまで数々の医師向け講習をおこなってきました。現在も形成外科専門医として安全性が高く、手技マニュアルにとらわれないボツリヌス注射により、多くのエイジングケア施術をおこなっております。

当院では医師、スタッフともに「美容医療施術を初めて受ける患者さま」の気持ちを大切にしています。ボツリヌス注射の分かりやすい料金設定や使用製剤の表記はもちろん、持続期間、メリット・デメリットを丁寧にご説明いたします。ボツリヌス注射についての質問やご相談は当院にお任せください。

関連のブログ記事一覧

しわの治療についてもっと詳しく

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ