足しているのに小さく見える?ヒアルロン酸注入による小顔施術とは

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

ヒアルロン酸注入といえばシワの溝を盛り上げたり、唇にボリュームを与えるといった「プラスの美容施術」とイメージするのではないでしょうか。しかし医療技術と美的センスのある医師であれば、ヒアルロン酸を足しているにも関わらず注入前より小顔に仕上げることが可能です。

ヒアルロン酸注入とは幅広く対応可能な施術

ヒアルロン酸とは元々ヒトの体内にある物質です。ヒアルロン酸注入に使用する製剤もアレルギーリスクが非常に低く、安全性の高い注入剤(フィラー)といえるでしょう。

ヒアルロン酸製剤はさまざまな種類があり、注入する皮膚の層によって効果が異なります。粘弾性の低い柔らかなヒアルロン酸製剤であればハリ感を与え、小ジワを改善。粘弾性が高く形成力や隆起力を持つヒアルロン酸製剤であれば額や鼻筋の形成、顔全体のリフトアップなど幅広い施術をおこなうことが可能です。

中でもヒアルロン酸注入による小顔施術は注入直後から効果が見られ、ダウンタイムもほとんどない美容医療施術として注目されています。しかし、ヒアルロン酸注入による小顔施術は高い医療技術と美的センスが必要とされる繊細な施術です。違和感のない自然な仕上がりとするために、医師選びには注意が必要といえるでしょう。

ヒアルロン酸注入で小顔になるメカニズム 

ヒアルロン酸注入とは一般的に、加齢などにより生じた皮膚のへこみにボリュームを与え、シワ溝を隆起させる施術です。いわゆるフィラーを足す「プラスの施術」であるにも関わらず、なぜ小顔改善が可能とされるのでしょうか?

リフトアップによる小顔効果

顔が大きく見える原因はさまざまです。多くは加齢による骨密度と肌弾力の低下によって皮下組織(脂肪層)がたるんだり、過度なマッサージ刺激によって真皮層のコラーゲン繊維が断絶されたりすることが挙げられます。これらの皮膚下垂によりフェイスラインがもたつくと顔が大きく見えるほか、実年齢よりも老けた印象を与えるといえるでしょう。

ヒアルロン酸注入によるリフトアップとは、加齢によりへこみが生じやすい「こめかみ」「頬骨」「下顎骨(下あご)」をポイントとして、適切な種類のヒアルロン酸製剤の注入をおこなう施術です。皮膚や皮下組織を支える支持靭帯を硬めのヒアルロン酸で補強することで、重力に逆らうようにリフトアップさせ小顔に見せることができます。

顔のバランスが整うことによる小顔効果

ヒトの顔は骨格的な左右差の他、左右の顔面神経の強さの違い、噛み癖などにより、左右非対称であることがほとんどです。眉の位置や唇の厚みなど、微細な左右差であればメイクによる修正が可能でしょう。しかし、頬骨の高さや皮下組織の下垂、元の骨格によるフェイスラインの歪みの場合、メイクのみの修正は困難です。

これらの顔に生じた左右差やフェイスラインの乱れなど、ヒアルロン酸注入によって補充・修正することで顔のバランスを整えることが可能です。また、医療技術が高く美的センスのある医師であれば黄金比に基づくヒアルロン酸注入法により左右差はもちろんのこと、すっきりとまとまり感のある小さな顔印象へと改善することができます。

顔のメリハリがうまれることによる小顔効果

ヒアルロン酸製剤にはさまざまな粘弾性の種類があり、硬いヒアルロン酸製剤を使用することで形成施術をおこなうことができます。ヒアルロン酸注入により、額や鼻筋・頬骨などの隆起バランスを整えることでメリハリのある顔立ちへ改善が可能です。また、硬めのヒアルロン酸製剤を顎先へ注入することにより、シャープなフェイスラインへと仕上げることができます。

一般的に日本人の骨格は凹凸が少なく、平坦な顔立ちです。また、アジア人のほとんどは元もと下顎骨(下アゴの骨)が小さく、後退(奥に下がっている)しています。ヒアルロン酸注入はメスを使用することなく、頬の高さを変え、下顎骨を補強することでフェイスラインをシャープに、そして立体的な顔立ちへ整えることが可能な唯一の美容施術ともいえます。また、外科手術のようにダウンタイムがほとんどなく、注入直後から立体感のある小さな顔印象に仕上がるでしょう。

ヒアルロン酸注入による小顔施術の注意点

ヒアルロン酸注入による小顔施術は、外科手術と比較するととても安全性の高い施術といえるでしょう。施術直後より効果が分かり、またダウンタイムもほとんどありません。しかし、満足のいく仕上がりを目指す為には薬剤や医師をしっかり選ぶことが大切です。

医師の技術力が仕上がりを大きく左右する

日本国内の医薬品に沢山のジェネリック医薬品が見られるのと同様に、ヒアルロン酸もアメリカ、ヨーロッパなど世界各国の製薬メーカーにもジェネリック医薬品が存在しており、そのごく一部が日本で流通しています。各国の厚生局等の承認や、工場の国際安全基準を満たしている製薬メーカーのヒアルロン酸であれば安全で高品質なヒアルロン酸といえるでしょう。

ヒアルロン酸自体の品質は当然として、それ以上に仕上がりに影響を与えるのが担当医の技術や美的センスです。熟練した医師の手技は痛みが少なく、重篤な合併症の発生率は限りなく低く、安全性が高いといえます。仕上がりの美しさは医師の好みやセンスも大きく影響していますから、価値観や美的センスに共感できる医師に依頼することも大切でしょう。

万が一ヒアルロン酸注入の仕上がりが、予想や理想と異なる場合には、ヒアルロン酸分解酵素による修正が可能です。ただし、分解酵素によって微細な修正をおこなうことは困難ですから、注入したヒアルロン酸の大半を一度分解し、1週間程度待った後に再注入をおこなうケースが多いです。

製剤の特徴によっては不自然な表情になってしまう

世界各国の医療メーカーより、さまざまな種類のヒアルロン酸製剤が流通しています。しかし、すべてが良質なフィラーとはいえず、なかには皮膚組織に馴染みにくく表情を作った際、違和感のある仕上がりとなるケースも多く見られます。

またヒアルロン酸製剤は種類だけでなく価格にも差があります。製剤の原価の差だけではなく、厚生労働省やFDA(アメリカ食品医薬品局)、MFDS(韓国食品医薬品安全処)など国の承認を受けているヒアルロン酸製剤は一般的に高額となるでしょう。これらのヒアルロン酸製剤は臨床試験により一定の安全性と有効性を担保されています。

あまりに安価なヒアルロン酸製剤の場合、安全性・有効性の担保はなく、体内吸収が早い・バイオフィルム(しこり等)が生じやすいといったリスクもゼロではありません。自然で違和感のない仕上がりとするためにも、ヒアルロン酸注入を検討する際は使用製剤を医師に確認することが大切です。

当院のヒアルロン酸注入のこだわり

スキンリファインクリニックで使用するヒアルロン酸製剤はすべて「カイセンス®」です。より高い安全性と持続性を追究し、なめらかで自然な仕上がりを目指す次世代型ヒアルロン酸といわれています。

自然な表情で美しい仕上がりに導く「カイセンス®」

スイスの医療メーカーにより開発された「カイセンス®」はEU加盟国の安全基準を満たすことを証明するCEマーク取得のヒアルロン酸製剤です。一般的なヒアルロン酸製剤は架橋剤といわれる添加剤によって、粘弾性や隆起力の調節をおこないます。しかしこの架橋剤が体内に吸収されず線維化することで、しこりとなるケースも少なくありません。

一方、カイセンス®は特許技術「オキシフリー製法」により、少ない架橋剤で高い粘弾性と隆起力を持ちます。通常、柔らかなヒアルロン酸製剤は形成力が弱く、持続効果も短いとされています。しかし、カイセンス®は柔らかなタイプであっても適度な形成力を持ち、持続効果の長いヒアルロン酸製剤です。また、硬いタイプのカイセンス®は額や鼻筋、顎をしっかり形作り、鼻筋が太くなるなど目的部位以外へ広がることはありません。

またカイセンス®の特長は優れた形成力だけでなく、支持靭帯をしっかり補強することによるリフトアップ効果も挙げられます。これらのことからカイセンス®は、小顔効果と若々しいなめらかな肌が長期間持続するヒアルロン酸製剤といえるでしょう。

高い医療技術と美的センスで小顔+エイジングケア

ヒアルロン酸注入による小顔施術は注入直後より効果が分かるうえ、ダウンタイムがほとんどない美容施術です。

当院のヒアルロン酸注入は臨床経験豊富な外科医によるカウンセリングと、丁寧な施術をおこなっております。お顔を大きく見せる原因はそれぞれ異なるため、どの部位へどのタイプのヒアルロン酸製剤を使用するかをしっかり診察し、より効果の高い小顔施術を目指します。同時にカイセンス®によるなめらかな仕上がりは肌にハリと弾力を与え、若々しい印象へ導くエイジングケアとしても期待が持てるでしょう。

カウンセリング料はすべて施術費用に含まれております。ヒアルロン酸注入でどの程度の小顔効果があるか、他の施術との組み合わせ治療についてなど、どんな些細なことでも当院へご相談ください。

関連のブログ記事一覧

Doctor's Pakageドクタースペシャルパッケージ

スキンリファインクリニック
症例
症例一覧へ
CASE

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック