<年齢は首元に現れる>美容医療によるネックケア施術を紹介

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

お顔に対してはスキンケアや美容医療施術に気をつかっても、ネックケアはおろそかになりがちです。首に刻まれる年輪のような横ジワや縦ジワは年齢を表すサイン!フェイスケアと同様にしっかりとしたお手入れでトータルエイジングケアを目指しましょう。今回は首シワ悪化を防ぐための日常での注意点、当院でおこなうことができる美容医療施術とネックケアに特化したメニューをご紹介します。

首元のシワができる原因

①顔よりも薄い首の皮膚はシワが生じやすい

首の皮膚はとても薄く、頬の厚みの3分の2程度とされています。そのため肌の真皮層にある弾性物質であるコラーゲンやエラスチンが少なく、顔よりもシワが生じやすい部位といえるでしょう。乾燥や摩擦などの影響を受けやすい部位であることも、首シワができる原因となります。

顔は手のひらで優しく洗っているのに、首やデコルテは硬いナイロンタオルでゴシゴシ洗っている方も少なくありません。また、日常動作の中で服の襟元が摩擦することも首の皮膚への刺激となるため注意が必要です。

②スキンケアを怠りがちな部位である

日常のスキンケアの中で、顔と同じように「こすらずクレンジング・化粧水・美容液・クリーム」といったネックケアをおこなっている方は少数だと思われます。そのため顔と比べ保湿やUV対策を怠りがちな首元は、外的刺激による加齢スピードが早いといえるでしょう。また、頬と比べ表在性の毛細血管が少ないことから赤みが薄く、くすみがちであることも首の皮膚の特徴です。

肌老化を進行させるおもな原因は紫外線です。紫外線B波はシミや乾燥、紫外線A波は皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、ハリ低下やシワを引き起こします。また、加齢により線維芽細胞の働きが鈍くなることから、コラーゲン・エラスチン生成が正常におこなわれず、首の皮膚には乾燥による小ジワと紫外線による深い横ジワが混在することも少なくありません。

③姿勢による折りたたみジワができやすい

首は大きく動く関節のひとつです。日常生活の中でたえず、首の屈曲やひねる動作などを繰り返すため、皮膚に力学的なストレスがかかります。首に生じる横ジワは、顔のシワでいえば表情ジワにあたります。しかし年齢を問わず、腕の関節内側に深い溝(シワ)があるように、20代から横ジワが目立つケースも少なくありません。

スマートフォンやパソコンなどを使用する際、うつむき加減であることも、皮膚の折りたたみによる横ジワを加速させているといえるでしょう。常に姿勢を正すよう意識して、首筋を伸ばし、皮膚の折りたたみにならないよう注意することが大切です。

④首周りの筋肉が衰える

加齢とともに首元に現れる筋状の縦ジワに悩む方は多くいらっしゃいます。口角を左右に強く引きながら口の形を「イー」にした際、浮かび上がる縦筋は広頸筋と呼ばれる筋肉によるものです。欧米ではターキネック(七面鳥の首)ともいわれ、皮膚の薄い痩せ型の方に多く見られるシワで、老けた印象を与えてしまうでしょう。

首の皮膚は顔よりも薄く、筋肉層との接合が少ないため伸びやすいとされています。しかし加齢とともにコラーゲンやエラスチンの弾力物質が衰えると、伸びやすい皮膚は元にもどることなく、大きなたるみジワのまま定着してしまうことも少なくありません。

日常で取り入れたいネックケア

首の皮膚は薄く、外的刺激を受けやすい部位です。そのため放置していては首のシワはより深く刻まれ、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。また、首元のシワやたるみは顔のたるみを引き起こすとされ、日頃からフェイスケア同様に保湿やUV対策、首筋を伸ばすようなストレッチを取り入れることが大切です。

しかし首周りの老化症状はとても複雑です。表皮層から筋肉にかけてのケアが必要とされ、セルフケアですべてを改善することは困難といえるでしょう。セルフケアに限界を感じた際は、美容医療を頼ることもひとつの方法です。コラーゲンやエラスチンの生成を促し、筋肉を引き締めることで首元の肌老化を早期に防ぎ、若々しいなめらかなネックラインを保つことができます。

首元美人を目指せる美容医療施術

ボツリヌス注射で「首の縦ジワ」をケア

老けた印象を与える首元に現れる縦筋は、ボツリヌス注射で改善することができます。ボツリヌス製剤は筋肉の働きを抑える作用をもち、縦筋の原因である広頸筋へボツリヌス注射をおこなうことで、縦筋の目立たないなめらかなネックラインへと改善する注入施術です。

首元に生じた小ジワ(ちりめんじわ)や軽度なたるみであれば、ボツリヌスリフトを検討しても良いでしょう。ボツリヌス注射を皮膚浅層へ細かく、広範囲に打つことでハリ感のある若々しい肌を目指すことができます。

いずれのボツリヌス注射も内出血がみられることがありますが数日で軽快し、3〜7日程度で効果が現われます。効果のピークは3か月程度となり、その後はゆるやかに元の状態へと戻る施術です。

リモデリング剤で「首元のハリ不足」を改善

医療においてリモデリングとは「組織の再構築」を意味します。美容医療で使用するリモデリング剤のおもな作用は、線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことが挙げられます。これにより真皮層の弾力が再生し、シワの目立たないハリ感のある肌を目指すことができるでしょう。

現在、各メーカーよりさまざまな種類のリモデリング剤が開発・製造されています。これらの多くは施術時間とダウンタイムが少なく、自然なエイジング効果を引き出します。なお、当院では数あるメーカーの中から、より高い安全性と皮膚再生効果の認められたリモデリング剤を取り入れています。

ハイフで「首元のたるみ」を改善

ハイフとは高密度焦点式超音波のことです。皮膚の表面を障害することなく、SMAS(筋膜層)までエネルギーを届け、加齢による緩んだSMASや脂肪層を引き上げます。また、これまで禁忌であった目周りや首への照射が可能となりました。

医療機器は年々進化を続けており、照射時の痛みや熱感も少なく、ダウンタイムもほとんどありません。注射による首元への施術に抵抗がある、首のシワやたるみが広範囲な場合は照射施術を検討すると良いでしょう。

なお当院ではハイフマシン「ウルトラフォーマーMPT」のほかに高周波エネルギーを利用した「ボルニューマー」を導入しました。筋膜の衰えによる首のシワであればハイフ、脂肪たるみを原因とする首シワであれば高周波治療が推奨されます。デリケートな首元への施術が不安な場合、医師による施術も可能です。

スキンリファインクリニックの首元美人プラン

スキンリファインクリニックでは首元を若々しく保つための専用プラン、ロングラスティング+ボツリヌスリフトの組み合わせ施術「スムースネックリファイン」をご用意しています。

「ロングラスティング」とは、フィラーとリモデリング剤の特長をあわせ持った次世代型注入剤です。安定型ヒアルロン酸と15種類のアミノ酸による保湿、コラーゲンやエラスチンの生成はもちろん、紫外線による光老化を防ぎ、メラニン排出を促す効果が認められています。

同時注入をおこなう「ボツリヌスリフト」は、ボツリヌス製剤を首元へ広範囲に浅く注入する施術です。首筋全体の小ジワを改善し、ハリ感のある首元へ導きます。

スムースネックリファインは施術時間が短く、ダウンタイムも少ない美容医療です。また、繰り返しの注入により効果の持続期間がより長くなるといえるでしょう。当院では臨床経験が豊富な専門医による注入施術をおこなっております。デリケートな首元への注射が不安な方も、ぜひカウンセリングでご相談ください。

関連のブログ記事一覧

ヒアルロン酸についてもっと詳しく

しわの治療についてもっと詳しく

たるみの治療についてもっと詳しく

エランセについてもっと詳しく

Doctor's Pakageドクタースペシャルパッケージ

スキンリファインクリニック
症例
症例一覧へ
CASE

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック