【失敗回避するために】ヒアルロン酸は今、全顔オーダーメイド注入が主流

篠原秀勝

この記事を書いた人

スキンリファインクリニック
篠原秀勝(しのはら ひでまさ)

注射のみでシワを改善、または額や鼻筋を整えることができるヒアルロン酸注入。比較的安価な施術のため、ヒアルロン酸注入件数は年々増加しています。一方で、顔がパンパンに引きつった、いわゆる「ヒアル顔」への不安やトラブルを訴える声も少なくありません。

ヒアルロン酸注入を美しく、自然に仕上げるためには「顔全体を丁寧に診察したうえで、少量ずつバランスよく注入」することが大切です。たとえば、ほうれい線の深い溝にヒアルロン酸製剤を多量に注入しても不自然な口元に仕上がるだけで、ほうれい線は一向に改善されないでしょう。

今回はヒアルロン酸注入の失敗についてと、悩みのある部位へ直接注入をおこなわず顔全体へバランスよく注入する「オーダーメイド注入」について解説します。

不自然な「ヒアル顔」の原因は一部位注入

近年、インターネットやテレビなどで、不自然に丸く突き出た額や過度なボリュームの頬など、いわゆる「ヒアル顔」となった方をよく見かけます。実はこれらの不自然な仕上がりは、ヒアルロン酸の量をたくさん注入することが原因でおこるものではありません。

実際の原因は「額なら額のみ」「頬であれば頬のみ」など、顔の一部位だけにボリュームを与える注入法は、その部位だけが悪目立ちするような不自然な仕上がりとなることがあるのです。また、現在使用されているヒアルロン酸製剤は長期間の維持効果のある製剤も多く、分解剤を使用するまで不自然な顔立ちの状態が続くため注意が必要です。

全顔にバランス良く注入するほうが自然になる理由

たとえば、ほうれい線が気になる場合、ほうれい線の溝にヒアルロン酸を1本注入するよりも、顔全体にバランス良く計2本注入したほうが自然に仕上がります。

ヒアルロン酸注入の自然で美しい仕上がりのためには、その悩みが「加齢による骨の萎縮やボリューム不足などが原因となり顔全体で生じている」ということを理解し、「失われたボリュームを補充する」注入法をおこなうことが大切です。

額やこめかみの顔面骨の凹み(骨萎縮)や、後退した顎先などへヒアルロン酸製剤を足すことで、顔の土台が立て直されてたるみの生じた皮膚にハリが戻ると、結果的にほうれい線など本来悩んでいた症状が改善されるイメージです。

このように顔全体の繋がりを意識した注入をおこなうためには、ヒアルロン酸製剤の特徴を理解していることはもちろん、あらゆる角度から皮膚や表情筋の動きを丁寧に診察したうえで、施術をおこなう医師を選ぶことが大切です。

顔全体へオーダーメイド注入した症例

お悩み:ほうれい線・Eライン

当症例の詳しい内容はこちら

54歳女性、ほうれい線と顎形成の症例です。加齢により失われた頬骨にカイセンス®ボリュームとディファインを注入。頬骨の位置に高さをもたせ、頬のたるみを引き上げる注入をおこないました。これにより頬の位置が上がり、ほうれい線が改善すると同時にツヤとハリが認められます。

顎先にはカイセンス®エクストリームを注入。シャープで若々しいフェイスラインへ仕上げました。悩み部位であるほうれい線へ直接注入をおこなうことなく、ほうれい線を改善へ導く施術法です。

使用製剤

カイセンス®ボリューム2本/頬
カイセンス®ディファイン2本/頬
カイセンス®エクストリーム1本/顎
※カイセンス1本=1cc

お悩み:たるみ・マリオネットライン・頬のコケ

当症例の詳しい内容はこちら

加齢にともない顔面骨が萎縮、頬が下垂することにより頬のコケと口元のたるみが生じた症例です。カイセンス®ディファインにより頬の凹みに注入、頬骨の位置を高く作り直すことでコケが目立つ頬がふっくら若々しく改善したことが認められます。

骨の萎縮が目立つ、こめかみと顎先にカイセンス®ボリュームを注入。なだらかなこめかみに改善、後退した顎先を出すことにより口元のたるみも引き上がり、マリオネットラインおよび二重顎が消え、すっきりとしたフェイスラインに仕上がりました。

使用製剤

カイセンス®ボリューム2本/こめかみ・頬
カイセンス®ディファイン6本/頬
※カイセンス1本=1cc

完全オーダーメイド注入なら当院の「リファインリフト」

当院の新プラン「リファインリフト」とは、顔全体を3Dスキャン・ベクトラにより科学的にたるみを解析。ヒアルロン酸注入の経験が豊富な医師による診察と、トータルデザインによる完全オーダーメイド注入施術です。

顔面骨の萎縮によるシワやたるみの原因は個人差があり、ほうれい線や口元だけにヒアルロン酸注入をおこなっても改善することはありません。自然で美しい仕上がりのためにはシワやたるみの原因を見極めた細やかな注入技術と美的センスが必要といえるでしょう。当院では、臨床経験が豊富な専門医により、安全性とセンスを追求した施術をおこないます。

また、顔面骨の萎縮や皮膚のたるみが重度である場合、数種類のヒアルロン酸を5〜10本ほど必要とします。「リファインリフト」では医師が適切なヒアルロン酸を選び、適切量を顔全体へ注入をおこない、満足のいく仕上がりを目指します。

当院では仕上がりだけでなく、費用面でも安心して施術を受けていただくために、ヒアルロン酸製剤5本以上が必要と診断された場合、それ以上のヒアルロン酸製剤は無料とさせていただく特別なプランをご用意しております。

「マイクロボーラス」による高度な注入方法を採用

当院のヒアルロン酸注入は、より高い安全性のために「マイクロボーラス」と呼ばれる手技によって施術をおこないます。マイクロボーラスとは0.1ml以下という非常に少量のヒアルロン酸製剤を、針を移動させながら連続的に注入する高度なテクニックのことです。

マイクロボーラスにより注入時の痛みは軽減すると同時に、合併症リスクを最小限に抑えることが可能とされています。

リファインリフト料金表

ヒアルロン製剤の種類 料金(1本)
Kysense(カイセンス)・Extreme ¥99,000
Kysense(カイセンス)・Volume ¥99,000
Kysense(カイセンス)・Define ¥99,000
Kysense(カイセンス)・Precise ¥99,000
6本以上何本入れても¥550,000(税込)
タッチアップ料金

施術より6ヶ月以内の患者様には下記の特典料金にてご提案しております。

ヒアルロン酸注入数 タッチアップ料金
1本目 ¥84,150(15%Off)
2本目以降 ¥79,200(20%Off)

ヒアルロン酸注入施術は医師選びを慎重に

ヒアルロン酸注入は数ある美容医療の中でも人気の高い施術です。一方で不自然な仕上がりや合併症、施術費用に関するトラブルも少なくないため、クリニックや医師選びは慎重におこなう必要があります。

当院ではヒアルロン酸注入をはじめ、注入施術を得意とする経験豊富な医師が在籍しています。また、患者さまの美しさを最大限に引き出すために、丁寧なカウンセリング、適切な施術を提案することを徹底しております。ヒアルロン酸注入で自然な美しさを目指したい方はお気軽に、当院までご相談ください。

関連のブログ記事一覧

ヒアルロン酸についてもっと詳しく

Doctor's Pakageドクタースペシャルパッケージ

スキンリファインクリニック
症例
症例一覧へ
CASE

施術の様子や各院の最新情報はSNSをチェック!

ACCESSclinic

0120-661-062診察時間:11:00〜19:00
休診日:なし

銀座・数寄屋橋交差点不二家の看板が目印

〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル5F
銀座駅B10出口から徒歩約0分、有楽町駅A0(東側)出口から徒歩
約1分、日比谷駅A1出口から徒歩約2分 銀座・数寄屋橋交差点
不二家の看板が目印のビル

0120-556-595診察時間:11:00〜19:00
休診日:水・日

吉祥寺駅北口徒歩1分 駅前ロータリー、アーケード入口手前

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12 小野山ビル3F

<

お悩みから探す

施術から探す

01.注入・注射

02.美容機器

03.ピーリング

04.糸リフト

05.美容外科

06.トリートメント
(ARCHIM Tokyo)

07.アートメイク
(D.M.ART)

その他コンテンツ

業務拡充につき
美容ドクター募集中

医療法人社団 輝咲会
スキンリファインクリニック